• 大会No.1投手(1994年夏) 福岡真一郎(樟南、鹿児島商工)

    樟南のエースとして甲子園に3度出場し、名捕手・田村(広島)とともに黄金バッテリーを形成したのが福岡真一郎であった。小柄な体ながら、ダイナミックなフォームから繰り出す速球を武器に、樟南の守りの野球を体現し、1994年夏には学校として最高成績の準優勝を飾った。

     

    2年生の選抜では8強、2年夏には雨天コールドの再試合の末、V候補に常総学院に敗退と下級生時にはもう一歩で勝ち上がれない展開が続いた。しかし、最後の夏は宇和島東、横浜、浦和学院、北陽などV候補が8強を前にして次々敗退。学校名が鹿児島商工から樟南に変わり、心機一転した樟南ナインはするすると勝ち上がった。

    この年は九州勢は非常に元気で、樟南も準々決勝が長崎北陽台、準決勝が柳ヶ浦とともに九州対決となったが、結果は圧勝。九州で最強を誇った福岡-田村の最強バッテリーの前にもはや敵はいないと思われたが、決勝の佐賀商は異次元のチームであった。投げたボールが打者のヘルメットに直撃するなど、運も味方につけ、最後は主将・西原が勝ち越しグランドスラムをお見舞い。マウンドでへたり込む福岡の姿が樟南の命運が尽きたことを表していた。

    この2年後の選抜で永年のライバルの鹿児島実が初の全国制覇を達成。樟南ナインにとっては何とも惜しまれる準優勝であったが、福岡のピッチングは今も鹿児島の高校野球ファンの脳裏にしっかりと刻み込まれている。