• 大会No.1投手(2001年選抜) 芳賀崇(仙台育英)

    2020年06月28日

    2001年選抜大会屈指の左腕と言えるだろう。当時も今も珍しいパームボールを決め球とする左腕で三振の内野ゴロの山を築き、チームを決勝まで導いた。初戦は海星の好左腕・松永(西武)との投げ合いで苦しい投球内容となったが、その後は藤代・市川・宜野座といずれも好チームを相手に1失点完投勝利。投球内容の安定感は大会でもNo.1の存在だった。

    決勝は惜しくも常総学院の前に敗退したが、宮城大会では東北の左腕・高井(ヤクルト)と県の球史に残る投げ合いを展開。持ち味の打たせて取る投球で東北打線を封じ込め、延長11回でサヨナラ勝ちを呼び込んだ。しなやかな腕の振りと笑顔が印象的な好左腕であった。

    2001年春の選抜甲子園振り返りまとめ – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)