• 大会No.1投手(2018年夏) 吉田輝星(金足農)

    2020年08月30日

    2018年の夏の甲子園を最も沸かせたのが金足農のエース吉田輝星(日本ハム)の投球であった。秋田県大会決勝でライバル明桜を完封して、代表権をつかむとうなりを上げる速球を武器に鹿児島実、大垣日大と強豪を連破。3回戦の横浜戦では自らホームランを放つと、粘りのピッチングで逆転勝利を呼び込んだ。

     

    回転数が非常に多く、回転軸も真縦に近いため、ホームベース付近でボールがホップし、対戦した打者のバットがことごとくボールの下を通った。劇的な逆転サヨナラ2ランスクイズで勝利した近江戦、強力打線の日大三戦と大会が終盤に進んでも、ボールの質は変わらず、理にかなったフォームで投げ続けた。

    KANANO旋風の中心にいた男は今、プロの舞台で活躍に向けて腕を磨いている。