• 大阪桐蔭vs花巻東 2012年選抜

    大会屈指の長身右腕対決!

    初戦屈指の好カードとなったこのカード。大谷(日本ハム)と藤浪(阪神)の対決はみちのくのダルビッシュvs浪速のダルビッシュというダルビッシュ対決になり、否が応にも注目が集まった。

    大阪桐蔭はこのころは勝ちきれない時期が続いており、前年夏も4点差を逆転され敗退。秋の近畿大会でも終盤に天理に突き放されて敗れた。投打ともに力はありながらも、西谷監督就任以来初めての甲子園経験者なしでの出場であった。

    一方、花巻東は夏春連続の甲子園。大谷が故障であまり投げられない中でも勝ち上がり、秋も大谷抜きで東北大会4強。しかも、神宮王者の光星学院と9-8と互角にやりあい、神宮大会枠での出場とはいえ、むしろ前評判が高かったのは花巻東のほうだった。

    中盤以降の猛打で大阪桐蔭が大谷を打ち崩す

    大阪桐蔭

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 0 0 0 0 3 2 0 4 9
    0 1 0 1 0 0 0 0 0 2

    花巻東

     

    大阪桐蔭   藤浪

    花巻東    大谷→佐々木毅

    試合は2回裏、4番大谷がいきなり見せ場を作る。藤浪の甘く入った変化球を完璧にたたいた打球はライトスタンドへ高い放物線を開き、1点先制。度肝を抜く一打に球場はざわめいた。

    立ち上がりからスライダーがコーナーに決まる大谷は走者を背負うも、大阪桐蔭打線に決定打を許さない投球。けがの心配を払しょくする投球を見せる。

    4回裏にはエンドランも絡めたスピーディーな攻撃で大谷をホームに返し、2点目。5回までは完全に花巻東ペースで進んでいた。

    しかし、6回以降投球練習の不足していた大谷がついに崩れだす。23塁から内野ゴロで1点を返すと、続く23塁のピンチでこの大会のラッキーボーイとなる2年生笠松にレフトオーバーの逆転タイムリーを浴びる。真っすぐが抜け気味な中、スライダーでストライクを取りに行ったところを痛打されてしまった。

    7回には大阪桐蔭のおかわり2世にレフトポール際に高々と上がる2ランを被弾。ここで集中力が切れてしまったか、9回には味方の失策も絡んで痛恨の4失点。花巻東打線も後半は藤浪に歯が立たず、92で試合は終了した。

    花巻東は夏は岩手大会決勝で盛岡大付に53で敗戦。大谷は甲子園のマウンドに戻ることはなかった。しかし、この敗戦を機に大谷はおおきく成長。今や押しも押されぬプロ野球のスーパースターになった。

    一方、この勝利で勢いを得た大阪桐蔭はその後快進撃。自信を得たナインは準々決勝・浦和学院戦の9回逆転勝利などで一気に頂点まで上り詰めた。勢いに乗って夏も制し、史上7校目の春夏連覇を達成。大阪桐蔭黄金時代の幕開けとなった試合だった。

    【好投手列伝】岩手県篇記憶に残る平成の名投手 2/2 – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)

    【好投手列伝】大阪府篇記憶に残る平成の名投手 4/5 – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)