• 天地人(新潟明訓など)

    2020年04月18日

    2009年に放映された大河ドラマ「天地人」の主題歌。荘厳なメロディーが応援歌向きだったのか翌年の2010年に新潟明訓の応援で流され、好評であった。

     

    このころの新潟勢は好成績を残しており、2009年に記憶に新しい日本文理の準優勝があり、2010年には県内でライバル関係にあった新潟明訓も初のベスト8入り。池田、神田の左右の2枚看板と勝負強い打撃で京都外大西、西日本短大付属とそれぞれ甲子園で準優勝、優勝の経験をもつ強豪校を連覇した。

     

    新潟勢が野球後進県であるというイメージは完全に払しょくされ、特に打撃面での伸びが見受けられた。日本文理がその先駆けとなった感があるが、甲子園でも打ち勝つ野球で勝ち上がれるようになってきたイメージが強い。2014年には再び日本文理が強打でベスト4まで上り詰めた。

     

    敦賀気比が2015年春に福井勢初優勝を成し遂げたが、近い将来同じ北陸の新潟にも優勝旗が翻る可能性は十分にあるだろう。