• 岐阜城北vs智辯和歌山 2006年選抜

    強力打線に立ち向かった好左腕

    2006年の選抜は大会前に優勝候補筆頭の駒大苫小牧が不祥事で出場辞退する異例の状況となった。そんな中で優勝候補として名が挙がっていたのが、横浜と智辯和歌山という東西の強豪校。その西の優勝候補の智辯和歌山と大会屈指の好左腕・尾藤(巨人)を擁する岐阜城北の好カードが2回戦で実現した。

    智辯和歌山は前年から夏春連続の出場。広井橋本(阪神)、亀田松隈と昨年からの4人のメンバーを中心に上位から下位まで強力な打線と広井松隈竹中と3人の持ち味の異なる右腕を擁し、2000年以来の甲子園優勝を視界にとらえていた。前年秋の近畿大会では決勝で履正社との打ち合いに敗れたが、その他の試合はほとんど負けなかった。

    そのチームの最大の目標は神宮で優勝を飾った田中将大(楽天)を擁する駒大苫小牧。世代最強投手を打ちこむため、160キロのストレートと高速スライダーを打ち込む練習を重ねていたが、駒大苫小牧は不祥事による出場辞退で智弁ナインは目標を軌道修正せざるを得なかった。初戦は伊万里商を相手に4点を奪い、エース竹中が完封するも、あの記録的な猛打で優勝した2000年を超えるとまで言われた打線の長打力はまだ見られていない。

    対する岐阜城北は、岐阜三田と岐阜藍川が統合してからは初出場。岐阜県勢は1983年夏に岐阜第一がベスト8入りしてから22年間春夏の甲子園でベスト8から遠ざかっていた。かつては県立岐阜商が4度の優勝を飾るなど、強豪県の時代もあっただけに、県を挙げて高校野球の強化に努め、その対象の一つとなっていたのが岐阜城北であった。

    この年の岐阜城北の要はなんといってもエース左腕の尾藤。左打者のアウトコースへ逃げるスライダーとキレのある速球を武器に前年秋の東海大会を制覇し、初出場ながら堂々優勝候補の一角に食い込んでいた。1回戦は希望枠で出場した一関学院の好左腕・太田(ヤクルト)に苦しんだが、9回に逆転サヨナラ勝ち。尾藤を相手打線をわずか1安打に抑える投球で勝利を呼び込んだ。

    自らの決勝弾で打撃戦制す

    2006年選抜2回戦

    智辯和歌山

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 0 6 0 0 0 1 0 0 7
    1 0 5 2 1 0 1 0 × 10

    岐阜城北

     

    智辯和歌山  松隈→竹中

    岐阜城北   尾藤

    焦点は岐阜城北のエース尾藤を智辯和歌山打線がどうとらえるかであった。ストレートにめっぽう強い智辯和歌山打線に対して決め球のスライダーをいかに有効に使えるかがカギであった。

    智辯和歌山の先発は4番も務める松隈。3人いる投手の中でストレートの最も威力はある投手だったが、初回に岐阜城北打線につかまる。1アウトから2番太田に四球を与えると、初戦でサヨナラ打を放った3番水川がエンドランで三遊間を破る。さらに4番丹羽もヒットでつなぐと、5番尾藤が自ら犠飛を放って1点を先制する。

    立ち上がりからボールが高めに浮きがちな松隈は2回にもランナーを出したところで降板。高嶋監督は初戦で完封勝利の竹中をマウンドに送り、流れを手繰り寄せる。

    すると、3回表にそれまで一人のランナーも出ていなかった智辯打線が尾藤に襲い掛かる。先頭の7番竹中が死球で出塁すると、犠打で二進。2アウト後に1番古宮のショートゴロがエラーとなってチャンスを拡大する。動揺を隠せない尾藤は続く2番上羽に死球を与え、満塁に。得意とする左打者相手にエラーと四死球が絡んでアウトを奪えない。

    このチャンスを智辯が逃すはずもない。3番広井がスライダーをセンターに返して2者を迎え入れ逆転。さらに満塁として5番橋本はストレートをセンターオーバーに運んで走者一掃し、一気に3点を追加する。焦った尾藤がストライクをそろえに来たところを逃さなかった。この回、さらに打者一巡して竹中にもタイムリーが飛び出し、1イニング6得点。これで勝負あったかと思われたが…

    その裏、智辯のマウンドは最も安定感のある竹中。打力がそれほど評価されていたわけではない岐阜城北だったが、取られたすぐ裏に猛反撃を開始する。1アウトから3番水川がライトへのヒットで出塁すると、4番丹羽のサードゴロが悪送球を誘い、こちらも相手のミスからチャンスを広げる。さらにディレードスチールで竹中がプレートを外したにも関わらず、送球がそれてランナーは二進。2つのミスで智辯はピンチを広げてしまう。

    ここで、5番尾藤は右中間フェンスを直撃するタイムリー2塁打を放ち、6-3。さらに6番間宮、7番中島、8番宮木と尾藤から怒涛の4連打で1点差に迫ると、2アウト後に1番鈴木もタイムリーを放ってついに同点に追いつく。この日は初戦ほどボールにキレのなかった竹中だったが、手元までしっかり呼び込んで打ち返す岐阜城北の打線が素晴らしかった。

    こうなると追いついた側に当然勢いが出てくる。岐阜城北は4回裏、ランナーを2塁において先ほどタイムリー2塁打の尾藤を迎えると、ストレートを完ぺきにとらえた打球は弾丸ライナーでライトスタンドに飛び込み、2点を勝ち越す。自らのホームランで気を良くしたか、尾藤はその後は冷静さを取り戻し、高めのストレートと低めのスライダーをうまく振らせて得点を与えない。

    それでも、強打の智辯和歌山も意地を見せる。3点差で迎えた7回表に2アウトから4番松隈、5番橋本が連続長打を放ち、7-9に。しかし、この日の智辯は右打者の中軸3人で5安打を放つも、周りを打つ左打者が4回以降完ぺきに抑え込まれる。結局、7回裏に1点を追加した岐阜城北が一人で4打点を挙げた尾藤の投打の活躍で優勝候補を退け、初のベスト8進出を決めた。

    まとめ

    その後、岐阜城北は準々決勝で尾藤が神港学園を完封し、ベスト4まで勝ち進む。さすがに疲れの見えた準決勝は横浜の強力打線につかまって大敗したが、このベスト4は岐阜県勢に大きな勇気を与えたのは間違いないだろう。

    翌年の選抜では名将阪口監督率いる希望枠の大垣日大が準優勝を果たすと、その後県岐阜商に赴任した藤田監督も夏4強が1回、選抜8強が2回と結果を残し続ける。記憶に新しいところでは2019年に中京学院大中京も4強入りを果たすなど、2006年以降の14年間で春夏合わせてベスト8以上が8回を記録。低迷していた岐阜県勢復活の足掛かりを作ったのがこの大会だった。

    一方、智辯和歌山は守備のミスが絡んでの大量失点に、好投手・尾藤を後半打ち込めなかった打線と課題が山積みで選抜の戦いを終えた。大型選手をそろえた優勝候補はその後、夏に向けて再び守りから鍛えなおし、夏は八重山商高の好投手・大嶺(ロッテ)を打ち込み、準々決勝では帝京との激闘を制するなどして4強まで進出。念願の田中将大との対決では抑え込まれたが、今度は持ち前の強打を存分に発揮して夏の戦いを終えた。

    2006年選抜 智弁和歌山対岐阜城北 – YouTube