• 成田vs北大津 2010年夏

    2020年06月05日

    剛腕に食い下がった湖国の強力打線

    興南の春夏連覇に沸いた2010年夏。その年の3回戦2日目の第一試合は好投手と強力打線の激しい攻防となった。

    大会初日に智辯和歌山の強力打線を見事に封じ込め、一躍大会注目の好投手に名乗りを上げた成田・中川諒。切れのある真っすぐとスライダーを武器にアウトコース中心の配球とわかっていても打たせない投球を見せる。

    また、打線も智辯和歌山戦は少ないチャンスをものにして逃げ切ると、2回戦の八戸工大一戦では10得点と爆発。県大会で好捕手・山下(楽天)擁する習志野や好投手・長友を擁して春夏連続出場を狙っていた東海大望洋を僅差で競り落とした経験が甲子園に来てチームに大きな力を与えていた。

    3回戦で対戦するのは、2試合連続の2桁安打と圧倒的な攻撃野球で勝ち上がってきた北大津打線だった。新チーム結成当初の秋の近畿大会では初戦で優勝した神戸国際大付に逆転サヨナラで敗れたものの、強打で神国の好投手・岡本を追い詰め、力の片りんは見せていた。

    初戦は2年連続出場で甲子園経験メンバーを多く残す常葉橘に11-4と大勝。小谷、村井のホームランなど長打攻勢で圧倒すると、2回戦では優勝候補にも名を挙げられていた前橋商の好左腕・野口を終盤に攻略。投げては2年生エース岡本がスリークオーターにサイドハンドとアンダーハンドを織り交ぜる技巧的な投球で相手打線をかわした。

    甲子園に来て、その力強い戦いぶりにファンも北大津を見る目がどんどん変わってきていた。「1試合の攻撃が27球で終わってもいい」という宮崎監督の積極野球が花開こうとしていた。

     

    終盤打線の爆発した成田が北大津の反撃を振り切る

    2010年夏3回戦

    成田

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 0 0 0 0 0 5 0 1 6
    1 0 2 0 0 0 0 2 0 5

    北大津

     

    成田    中川

    北大津   岡元→横江→岡本

    立ち上がり得意の切れのある真っすぐがなかなか走らない中川は初回に北大津の3番山口のライトオーバーの2塁打を打たれると、3回には再び山口にストレートを今度は引っ張られて2ランホームラン。序盤で3点を失い苦しい展開となった。

     

    打線もスリークオーター、サイドハンド、アンダーハンドと多彩な投げ方で打者を翻弄する北大津の2年生エース岡本を崩せない。3度送りバントを2塁封殺されるなどまずい攻めでなかなか得点を奪えなかった。

     

    しかし、7回先頭が塁に出ると、5番高橋がバスターヒッティング。とらえた打球は右中間を破り、待望の得点。すると成田打線は、軟投派の岡本の緩いボールをしっかり待ってたたき始め一気呵成の攻撃で攻略。継投した140キロ右腕・横江からも満塁で押し出しを選ぶなど大量5点を奪った。

     

    これで成田ペースかと思いきや北大津も疲れの見える中川に襲い掛かる。ノーアウト12塁からの重盗は失敗に終わるも山口、北野とクリーンアップがタイムリー。超積極野球の北大津の本領発揮の攻撃を見せる。

     

    同点のまま9回を迎えたが、成田打線は岡本攻略のコツを完全につかんでいた。北大津の捕手・山口も完全に引き付けて打たれていることに気づいていたが、いかんせん速い真っすぐがないぶんかわしようがない。最後は7回に口火を切った5番高橋に流し打ってレフトオーバーの勝ち越し2塁打を打たれ万事休す。9回裏は中川が2試合連続のホームラン中の恐怖のラストバッター村井を打ち取って試合終了となった。

     

    序盤打たれながらもしのいだ成田もさすがだったが、あの智辯和歌山を抑えた投手から長打も絡めて5点奪った北大津の印象はすさまじかった。3試合で奪ったヒットは実に43本。この大会で一躍攻撃野球の北大津として全国にその名を馳せる存在となった。

    【好投手列伝】滋賀県篇記憶に残る平成の名投手 2/2 – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)

    【好投手列伝】千葉県篇記憶に残る平成の名投手 3/3 – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)