蘇る名勝負

済美vs東北 2004年選抜大会 準々決勝

更新日:

四国の新鋭がV候補筆頭相手に奇跡の逆転勝利!

出場したプロ選手…ダルビッシュ有(日本ハム―レンジャース―ドジャース)、加藤政義(日本ハム)、高橋 勇丞(阪神)、鵜久森淳志(日本ハム―ヤクルト)、福井優也(広島)

 

前年夏の甲子園でダルビッシュ有を擁して準優勝を飾った東北高校。2年生主体のチームだったため新チームには多くのメンバーが残っており、創部100周年の記念の年でもあったことから、当然東北勢悲願の全国制覇を目標に甲子園に乗り込んできていた。

その東北高校の前に大きく立ちはだかったのが、名将・上甲監督率いる愛媛の初出場校・済美。元女子高で創部僅か2年という新鋭校がすい星のごとく甲子園に現れ、前年秋の神宮大会では東北を7-0とコールドで一蹴。初の甲子園でも順調に勝ち上がり、準々決勝で再び東北と対峙することとなった。

1994年選抜では嶋重宣(元広島、赤ゴジラの愛称で親しまれた)擁する東北を上甲監督率いる宇和島東が11-2と大差で下しており、東北としては3度目の正直で勝ちたいところだった。

チーム紹介

東北

 

これが3季連続出場となった東北高校。エースダルビッシュは150キロの速球に多彩な変化球を交える超高校級のエース。さらに、前年夏に頭角を現した右サイドの速球派・真壁、同じく前年夏の準決勝で登板した左腕・采尾を擁する投手陣は他校もうらやむ屈指の層の厚さを誇っていた。また、打線も1番家弓、3番大沼、4番横田と上位打線がそのまま残り、東北地区では負けなしの状態だった。

しかし、続く神宮大会では四国から初出場の済美に0-7とまさかのコールド負け。エースダルビッシュは故障から本調子ではなかったとはいえ、済美打線の振りの鋭さに圧倒された。この試合は選抜の前哨戦だったにも関わらず大きく取り上げられ、ダルビッシュの試合中の態度や時折交える右サイド投法にも専門家から批判が殺到した。行きすぎな批判な感もあったが、それだけこの年の東北高校の注目度は高かったのだ。

その後、チーム内で本音を出し合ったミーティングも敢行。結束したチームは選抜の舞台に乗り込み、初戦は九州準Vの名門・熊本工を相手にダルビッシュがノーヒットノーランを達成。快刀乱麻のピッチングで順調なスタートを切った。2回戦では西の優勝候補・大阪桐蔭とガチンコ勝負。大阪桐蔭の3番・中村に2ホームランを浴びる苦しい展開だったが、8回裏に大沼のタイムリーで勝ち越し。2番手真壁の好リリーフもあって3-2と競り勝ち、優勝へ向けて大きな関門を超えた。

大阪桐蔭戦のインタビュー後、決勝打を放った大沼は「秋と逆のスコアでやり返したい(7-0で勝利したい)」との意気込みを語っていたが、エースのダルビッシュは肩の状態が思わしくないため、準々決勝は先発できず。リベンジを誓う済美戦は真壁の先発で始まることとなった。

済美

愛媛から突如として現れた新鋭校。宇和島東で初出場初優勝を飾った名将・上甲監督を招き入れ、わずか2年で甲子園出場を成し遂げた。初年度から3季連続で初戦敗退のスタートだったが、徐々にチーム力を強化。ゴルフボール打ちや徹底した下半身強化と、宇和島東で培った強力打線育成のメソッドを落とし込み、1年生時から試合経験豊富な面々が着実に実力を蓄えてきた。

前年秋は愛媛大会で優勝を飾ると、四国大会準決勝で明徳義塾と対戦。序盤に2年生エース福井が大量失点を喫して、0-7とビハインドを背負うも中盤以降、猛反撃。3季連続で甲子園のマウンドを踏んでいる明徳義塾のエース鶴川を打ち込み、8-7と驚異的な逆転勝利。決勝では鳴門工を寄せ付けず10-3と大勝し、初の選抜甲子園を決めた。

続く神宮大会では、V候補の東北と対戦。東北有利が予想される中、済美の強力打線がダルビッシュをとらえた。1番甘井、3番高橋、4番鵜久森の上位打線を中心に打ちまくり、何と7回で7-0とコールド勝ち。2年生エース福井も東北の強力打線を封じ込めて思わぬ大勝を飾った。続く準々決勝で鵡川に5-6と逆転負けを喫したものの、全国レベルの実力を持つところを見せた。

選抜本番では初戦で関東優勝の土浦湖北と対戦。注目の右腕・須田(DeNA)を相手に済美打線が序盤から猛攻。4番鵜久森の2ランが飛び出すなど、9-0と大勝した。続く、2回戦は東邦と強豪対決。宇和島東時代、選抜決勝で6-0と快勝した時以来の上甲監督vs阪口監督の対戦となった。初戦で前年の覇者・広陵の強力打線を封じ込んだ本格派右腕・岩田(中日)の前に、自慢の強力打線が高橋のタイムリーによる1点に抑え込まれたが、エース福井が初戦に続いて好投。終盤に2度のスクイズを封じるなど我慢強い投球で7安打を浴びながら完封。2試合連続完封で準々決勝に進み、再び東北と相対することとなった。

最終回、まさかの展開に…

東北

1 2 3 4 5 6 7 8 9
3 1 0 0 0 1 0 1 0 6
0 0 2 0 0 0 0 0 7

済美

 

東北  真壁

済美  福井

 

強豪校が終結したブロックを勝ち抜いた両校。ともに好投手と強力打線を擁していたが、前年秋に敗れている東北としては今回は何としても勝ちたいところ。エースが登板できない状況のなか、真壁の投球に期待が集まった。

一方、済美の2年生エース福井も2試合連続完封中と絶好調。ストレート、スライダーともに球威は一級品のボール。2試合で5得点ながら、勝負強さを兼ね備える東北打線との対決も注目された。

試合

試合は立ち上がり、東北打線がいきなり襲い掛かる。制球の甘い福井のストレートをトップバッター家弓がライト前に引っ張って出塁すると、2番加藤政は揺さぶった末に四球。暴投でランナーが進んだところで、3番大沼が高めのストレートを無理せず流した打球はレフトスタンドへ飛び込む3ランホームラン。試合前、リベンジに燃える大沼が残したコメントのように、一方的な展開になる予感すら漂う大きな一打だった。

その後、4番横田にも2塁打を浴びるも、続く3人を福井は3者連続三振に切って取る。制球より力でねじ伏せた投球だった。

 

しかし、2回表にも東北は追加点。犠打で送れず、併殺となる嫌な流れの中で1番家弓が四球を選ぶと、盗塁で2年生バッテリーを揺さぶる。ここで2番加藤政が甘く入ったスライダーをたたいて左中間への2塁打。なんとか立ち直りたい福井に対して、大きな追加点を挙げる。加藤政若生監督が攻撃的2番として置いた打者。昨夏1年生ながら準優勝メンバーに名を連ねた男のセンスはやはり伊達ではない。

一方、東北の先発・真壁は快調な立ち上がり。外角のスライダーの制球に優れており、右の強打者の並ぶ済美の上位打線には相性がよく、時折交える内角のボールでのけぞらせた後に外のボール球を打たせて強打の済美打線を封じ込む。2回には6番野間、8番新立と二人の左打者に四球を与えて投げにくそうにしている場面もあったが、後続を確実に打ち取って無失点に封じる。

 

立ち上がり2回で4点を失った福井だが、3回以降は徐々に復調。スライダーが低めに集まりだし、東北のまずい攻めもあって3回から5回までを0点に抑えてリズムを作る。

1,2回と素晴らしいピッチングを見せた真壁だが、3回に済美の長打力が牙をむく。3番高橋がショート加藤政のトンネルで出塁すると、4番鵜久森は甘く入ったストレートに対してバット一閃。打球はレフトスタンド中断に弾む特大の2ランホームラン。完全に東北ペースだった試合の流れをたった一振りで強引に引き戻した。

 

その後は両チーム5回まで無得点。4-2で試合が膠着しかけたなかで、先に前に出たのは東北だった。6回表にのレフト線への2塁打からチャンスメークすると、9番伊藤の3塁ゴロを田坂が悪送球し、1点追加。8回表には6番真壁が外のスライダーをうまく拾って左中間への3塁打。続く打者の時に暴投で生還してさらに1点を追加する。

 

真壁は中盤以降しり上がりに調子を上げ、5回1アウトから11人連続の凡退。得点どころかランナーも許さないピッチングで試合を支配する。外のスライダーに、内を突くシンカー。そして何よりも真っすぐが非常に走っており、付け入るスキが見当たらない。8回には自ら追加点も挙げる大車輪の活躍だった。済美としては昨秋の明徳戦で大逆転劇を演じてはいるものの、真壁の投球内容からしてかなり苦しい展開。そして、自らのミスで2点を追加されたこともあり、ここからの逆転はなかなか考えにくいものがあったが…

 

済美は9回表を2番手藤村が抑えて、最終回の攻撃へ。先頭は真壁としては少し投げにくい左打者の野間。真ん中のボールをライト前に引っ張って出塁すると、続く7番田坂は内角高めを再びプルヒッティング。ライト家弓の頭の上を超す3塁打となり、6-3.さらに、8番新立のセカンドゴロの間に田坂がホームを陥れて6-4と2点差に迫る。

 

しかし、続く9番藤村は球威に押され、セカンドゴロで2アウトランナーなし。結局最後はミスで奪われた2点分が届かなかったかという感覚。追い上げているとはいえ、まだ済美が逆転する雰囲気は漂ってこない。上甲監督は9回裏の前に「初出場でここまでよくやったが、応援してくれる人のためにもう1.2点取って意地を見せよう」と言って送り出したが、その意地を見せるラインにも十分到達した感はあった。

 

打順はトップに回って1番甘井。ファウルで粘るもなかなか真壁の球威の前にボールが前に飛ばず、追い込まれる。そして、カウント2-2から投じた6球目はセカンドへのフライ。しかし、風で流された打球はファウルゾーンに向かい、セカンドがダイブするもグラブに入らず、またもファウル。箕島―星稜のファウル落球なども思い出す展開だが、さすがにあの時よりもさらに状況は厳しいと思っていた。

 

だが、9回ということもあって徹底した外角攻めだったことが仇となったか、続くボールが少し甘く入ったところを甘井が逃さずライト前に運んでランナー1塁。1発出れば同点の場面となる。ここで打席には2番小松上甲監督が中軸も打てると評する勝負強さの持ち主。ひそかに指揮官は「同点2ランを打ってくれないか」と期待する中で、小松は真ん中に入った2球目を痛烈に引っ張ってレフト前ヒット。チャンスは広がって盛り上がる中、上甲監督だけは「打球が上がらなかったか」と臍を嚙んだ。

 

続く打席には3番高橋。2回戦の東邦戦で決勝打を放ったとはいえ打撃の調子は思わしくなく、また2アウトから3連打が出る確率もそう高いものではない。何よりネクストサークルから緊張気味の高橋の表情を見て、上甲監督も「これは厳しいかもしれない」と感じていた。しかし、打席に入る前に呼び出して水を飲ませると高橋の顔色が少し良くなった。かすかに逆転への希望が広がり始める。

 

高橋は初球の抜けた真ん中に入ったボールには手が出ず、2球目も同じようなボールを空振り。タイミングが明らかにあっておらず、このまま凡退が濃厚な内容だった。だが、ここからバッテリーはボール球を使わず、ゾーンのなかで勝負。この日のボールの力なら打ち取れるという自信からだったのかもしれないが、ファウルで粘る高橋は徐々にタイミングをつかみだす。

 

そして、真壁が投じたこの日の158球目。先ほどよりシュート回転して少し真ん中に入ったボールは高橋にとっての絶好球。思い切り引っ張ると打球はレフトスタンドへ一直線の逆転サヨナラ3ラン。レフトのダルビッシュがほとんど追わないほどの圧巻の打球だった。大歓声の中、高橋がダイヤモンドを駆け巡り、がっくり膝に手を突く真壁を尻目にサヨナラのホームイン。信じられない幕切れの中で済美が準決勝進出を決めたのだった。

 

試合後

勝利した済美高校の面々は信じられないといった表情。奇跡という言葉ではおさまりがつかないほどの逆転劇だったが、この勝利を生んだのはやはりありきたりな言葉だが、「最後まであきらめない」気持ちが生んだ勝利だったのではないだろうか。自分たちのスイングを貫き通した攻撃が知らず知らずのうちに真壁に圧力を与えたのか。ポップな歌詞で話題となった校歌の一節、「やればできるは魔法の合言葉」がそのまま現実化したような試合だった。

その後、済美は準決勝で同地区のライバル明徳義塾に6点リードを追いつかれるも終盤8回に相手ミスで勝ち越して7-6と勝利。決勝では神宮優勝の愛工大名電相手に序盤から先手を取って6-5と競り勝ち、上甲監督自身2度目の初出場初優勝を飾った。2回戦から実に4試合連続の1点差ゲームを制した無類の勝負強さを見せつけ、四国に新たな強豪校が誕生したことを世に知らしめた。

 

一方、東北高校としては九分九厘勝利を手中に収めながら痛恨の逆転負け。2回戦で大阪桐蔭とのV候補対決も制しており、完全に東北勢初優勝へのレールに乗ったかと思われる展開だったが、野球の恐ろしさを改めて見せられる結果となった。

継投の是非なども問われたが、あの日の真壁のピッチングならばそうそう代える気にはなれないだろう。それくらい中盤以降のピッチングは素晴らしかった。打線の援護もあったわけで、なかなか敗因を探すのは難しく、最後はやはり済美の執念が勝ったというしかない展開だった。東北勢は10度春夏の決勝で敗れているが、今でも優勝に最も近かったのはこの選抜の東北だったのではないかと感じさせられる。

ただそんな中でも打たれた真壁を試合後にダルビッシュは必死に気遣って声をかけており、前年から主将として成長した姿が強く印象に残った、そんな春の幕切れであった。

 

 

-蘇る名勝負

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.