• 激戦ブロック 2006年選抜

    駒大苫小牧のまさかの出場辞退で幕を開けた2006年の選抜大会。優勝争いが混とんとする中、Bブロックが最も強豪の集中したブロックとなった。強豪、新鋭、古豪と様々な面々が顔をそろえ、多士済々の陣容の中、このブロックを勝ち上がったチームが優勝争いを引っ張りそうな予感がした。

     

    横浜は昨年秋の関東大会では準決勝で高崎商業の好左腕・石川翼を打てず敗退。しかし、各打者のポテンシャルは高く、下位まで一発長打を秘める打線は強力だ。その中で中心となるのは4番捕手の福田(中日)。1年生から甲子園でマスクをかぶり、涌井(ロッテ)とバッテリーを組んでいた逸材。関東大会準々決勝では常総学院戦で試合を決める一発を放つなど、我の強いチームをプレーで引っ張る。3番に座る2年生高浜(ロッテ)もセンスあふれる好野手。ショートの守備では深い位置から矢のような送球を見せる。2年生時から試合に出ているメンバーが多く、経験は豊富。昨年夏は慶応の好左腕中林を打てずに敗退しており、左腕対策が鍵か。投手陣は川角浦川西嶋と左腕3人がおり、枚数は豊富。その中でコントロールのいい川角が少しリードしており、ストレートに力のある浦川・将来性のある西嶋がリリーフする。松坂(西武)以来の選抜制覇へ期待が高まる。

    明治神宮大会準優勝の関西は昨年春夏に続き3季連続の出場。中国大会では広陵のプロ注目のエース吉川(日本ハム)、2番手野村(広島)の投手陣を9-1のコールドで破った。スタメン全員が3割以上を記録する打線は強力。1番熊代・2番徳岡はともに俊足を生かしてチャンスメーク。4番の安井は独特の構えから力の抜けた打撃で右方向に素直に打ち返す。下位の山本がホームランを打つなど上位下位切れ目がない。投手は昨夏の京都外大西戦で終盤に6点差をひっくり返されたダースが精神面で成長。終盤のピンチをしっかりしのいで中国大会優勝を果たした。2年生の技巧派右腕・中村も成長し、2枚看板で全国制覇を狙う。

    早稲田実業は久々の甲子園出場。明治神宮大会では優勝した駒大苫小牧相手に終盤までリードを奪った。原動力はエース斉藤(日本ハム)。MAX143キロのストレートを軸に冷静な投球を披露。昨夏の西東京準決勝で日大三相手に我を忘れた投球でコールド負け。精神面の弱さを見つめなおし、試合の中で冷静に立て直した。また、牽制・フィールディングもよく東京大会では4度三塁牽制で刺し、準決勝では昨夏敗れた日大三相手に2-0と完封勝利を挙げた。打線は4番主将の後藤が軸。まだ全体的に非力な面もあるが、成長するのはこれから。1番2年生川西、3番桧垣がキーマンとなる。守りの野球で頂点を狙う。

    履正社は大阪大会3位から近畿大会優勝。明治神宮大会でも2勝を挙げた。エースの魚谷は昨年から経験豊富な右サイドハンド。岡田監督をして「このスライダーは打てない」と言わしめる必殺の武器で打ち取り、四死球はほとんど与えない。1メートル61㎝の小さな体をさらに折り曲げたフォームが打ちにくさを増長させている。3番を打つ蛯子もマウンドに上がれる。野手は上位に打者が並ぶ。1番今井、2番小谷は出塁率が高く、3番蛯子はミートがうまい。4番土井(元オリックス)は右のスラッガーで近畿決勝では勝ち越しのホームランを放った。5,6番の内野藤井も好打者で簡単に土井は歩かせられない。7~9番が低打率なのが課題だが、伸びしろはある。春は初出場ながら上位を狙う力はある。

    高岡商業は夏春連続の出場。昨年からのエース細川を中心に経験者がずらり。明治神宮大会では優勝した駒大苫小牧を最も苦しめたチームだ。投手は技巧派の細川に本格派の堀岡で2枚看板を形成。2人とも完投能力があり、連戦にも耐えられる。打線は3番有沢が中心。宮袋監督が「もう指導するとこがない」というほどの強打者だ。その脇を小泉北田中野と昨年からのレギュラーが固め、北信越大会では1試合平均10.5点の破壊力を見せた。昨年関西を追い詰めながらサヨナラ負けで逃した1勝を果たし、そこから上位進出を狙う。

    八重山商工は昨秋九州大会で快進撃を見せて準優勝。素質は西日本No.1のエース大嶺はMAX144キロを記録。3番を打つ金城長靖141キロを計測する。上位の友利東舟道金城長が強打でチャンスを演出し、4羽地が返す。下位打線も機動力豊で多彩な攻撃ができる。伊志嶺監督と選手は10年来の付き合いで中学時代は全国大会3位に入った。集大成となる今シーズンで上位進出を狙う。

    その他にも注目の4番・坂本(巨人)を擁する光星学院や駒大苫小牧の出場辞退により出場枠が巡ってきた北海道栄が名を連ねた。このブロックは勝ち抜いた横浜は準決勝・決勝と岐阜城北・尾藤、清峰・有迫と好左腕を打ち崩して大勝をおさめ、見事3度目の選抜制覇を果たした。