• 熊本工vs波佐見 1996年夏

    新鋭vs古豪!白熱の九州ダービー!

    1996年夏はベスト4をすべて公立校が占め、公立校が非常に元気な大会であった。ベスト8を前に近畿勢は全滅し、仙台育英、PL学園、横浜など優勝候補が3回戦で次々と敗退。波乱の展開の中で迎えた準々決勝第3試合で、九州勢同士の好試合が展開された。

    熊本工は前年の選抜では荒木雅博(中日)、松本輝(ダイエー)を擁し、V候補として出場。しかし、この代のチームはスター選手はおらず、秋の県大会ではまさかの初戦敗退という結果に終わった。立て直しを図るべく就任した田中監督は社会人仕込みの高度なプレーを教え込み、チームは戦う集団に生まれ変わった。

    園村・村山の左右2枚看板を強力打線が支える形で、熊本大会を勝ち上がると、本大会では初戦で好左腕・伊藤(ヤクルト)を擁する山梨学院大付に12-4と大勝。この勝利で勢いを得ると、3回戦では初戦で死球を受けた主将・坂田の活躍で、高松商との伝統校対決に5-1と快勝。勢いにのってベスト8まで勝ち進んできた。

    対する波佐見は春夏通じて初となる甲子園出場。波佐見地区はもともと野球の盛んな地域であり、波佐見ナインは小柄ながらもパンチ力のある打者が並び、エース林も球威のあるストレートを武器に好投を見せた。また、普段の守備練習から実戦を意識した練習を行うことで、本番に強いチームへと仕上がっていた。

    甲子園では秋田経法大付、宇都宮南と実績では上回るチームを相手にきっちりと打ち勝って勝利。エース林も球威のある速球で相手打者をねじ伏せ、初めての甲子園で堂々8強入りを果たした。

    二転三転の試合は、伝統校が底力で逆転勝ち

    1996年夏準々決勝

    波佐見

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    1 2 1 0 0 0 0 2 0 6
    1 2 0 0 1 0 1 2 × 7

    熊本工

     

    波佐見  林

    熊本工  村山→園村

    試合は互いを良く知る両チームということもあり、立ち上がりから両チームが激しく攻め合う展開となる。

    熊本工の先発は過去2戦で先発した左腕・園村でなく右腕・村山をマウンドに送る。その立ち上がりを波佐見の1番吉村がセーフティバントで揺さぶって出塁すると、犠打などで2アウト3塁となって4番野中がセンターにはじき返し、1点を先制する。

    初出場校の勢いに飲まれるかと思われたが、伝統校・熊工もすぐに反撃。3回戦で167球を投じて完投した波佐見のエース林から1番野田が四球をもぎ取ると、1アウト1,2塁からけん制悪送球で労せずランナーが進塁。両チームともグレーのユニフォームのため、林がけん制の入っていないタイミングで投げてしまった。さらに1アウト満塁となって5番古閑の併殺崩れの間に同点に追いつく。

    疲れの見えるエースを援護したい波佐見は2回表にも内野安打で出たランナーを送ると、1番吉村のヒットと2番山辺の内野ゴロの間に1点を勝ち越し。さらに3番林にもタイムリーが飛び出してもう1点を追加し、2回までで村山から早くも6安打を放つ。カウントを取りに来るボールを逃さない積極性が光った。

    2回裏にも林が熊工打線につかまって同点に追いつかれた波佐見だったが、3回にも熊工内野陣の連続失策からチャンスをつかむと、1アウト満塁から振り逃げの間に1点を勝ち越す。試合がなかなか落ち着かない状態の中で、波佐見ナインが必死にエースを援護する。

    見かねた熊工は4回からエース左腕・園村をマウンドに送る。波佐見ナインの打ち気をうまくそらす投球で変化球を有効に使い、波佐見打線の勢いを止める。これで落ち着きを取り戻した熊工ナインは5回裏に4番西本の犠飛で追いつくと、7回裏には1アウト2塁から西本の投手ゴロを林が悪送球する間にランナーが生還。熊工が終盤にきて初めてリードを奪う。

    試合の流れは熊工に完全に傾いたように見えたが、8回表に波佐見ナインが再度奮起する。それまで抑え込まれていた熊工の左腕・園村から6番佐々木がセーフティバントで出塁すると、2アウト3塁となって9番堀江が園村のスライダーを狙い打ってレフト前タイムリーで同点。さらにチャンスを広げて当たっている1番吉村がこの大会3試合で10本目のヒットとなるタイムリーを放ち、再度試合をひっくり返す。

    ナインの執念を感じさせる攻撃で4たびリードを奪った波佐見。これで試合を決められるかと思われたが、エース林のスタミナは限界であった。8回裏、再度ランナーを背負うと、エース園村、3番本多が林の高めに浮いたボールを痛打。2本のタイムリーで逆転した熊本工が川上哲治(巨人)を擁した大会以来、実に59年ぶりとなるベスト4進出を決めた。

    まとめ

    勢いに乗った熊本工は準決勝では前橋工の好左腕・斎藤からわずか3安打に抑え込まれるも、その全てのヒットを1イニングに集中。序盤で奪った3点のリードを守り切り、決勝に進出した。決勝ではあの「奇跡のバックホーム」であと数センチ優勝に手が届かなかったが、秋の県予選初戦敗退のチームが大きな成長を遂げ、名門復活を印象付けた。

    一方、波佐見も初出場とは思えない洗練された野球で8強入り。甘いボールを逃さない積極的な打撃に、ショートゴロで果敢に2塁から3塁に進む走塁など、実戦形式で鍛え上げられた野球は全国の舞台でも十分通用することを示した。その後も、2001年、2011年、2017年と甲子園に出場。県内屈指の強豪として存在感を放ち続けている。

    【好投手列伝】熊本県篇記憶に残る平成の名投手 1/2 – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)

    【好投手列伝】長崎県篇記憶に残る平成の名投手 1/2 – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)

    [プロ 野球 ハイライト]熱闘甲子園 1996 第78回 熊本工vs波佐見 – YouTube