1試合毎予想 2017年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2017年夏の甲子園1回戦 作新学院(栃木)vs盛岡大付(岩手)

更新日:

作新学院(栃木)vs盛岡大付(岩手)

予想  50%  50%


対戦カード予想

2連覇を狙う作新学院としては1回戦から難敵を迎え撃つこととなった。
2012年夏にも同ブロックに入っていた両校。今大会は対決が実現した。投打にハイレベルな戦いが繰り広げられるだろう。

 

作新学院はこの1年間安定した成績を収め、小針イズムがすっかり浸透してきた。投手陣は大関・篠原の左右の技巧派2枚看板が完成。ともに球威よりも制球力と緩急が身の上で試合を作れる。盛岡大付属のフルスイングをかわしていきたい。対する盛岡打線は3番植田を筆頭にパンチ力は抜群。4番比嘉、5番松田と組む中軸は強力だ。いくら作新学院といえども無傷で済むことはないだろう。ある程度は得点を生み出しそうだ。

 

作新打線と盛岡大付の投手陣の対決もみもの。右の速球派・平松、左の技巧派・三浦ともに実力者だが、作新学院の攻撃野球にかき乱されると大量失点もありそう。特に鈴木、添田の上位打線は塁に出すとかなり厄介だ。バントを使わない強気な攻めを見せるだけに十分間を取って冷静に対応したい。作新の4番中島はチャンスにめっぽう強い強打者だ。盛岡としては3季連続の甲子園登板となる左腕・三浦の投球が重要になりそうだ。

 

作新学院有利の下馬評だが、実力は大差ないと思われる。盛岡大付属としては同校最高の経験と戦力で王者に立ち向かう。

 

 


栃木vs岩手 甲子園対決

対戦なし

 

主な卒業生

作新学院…八木澤荘六(ロッテ)、江川卓(巨人)、落合英二(ロッテ)、岡田幸文(ロッテ)

石井一成(日本ハム)、今井達也(西武)

盛岡大付…松本裕樹(ソフトバンク)


 

 

↓2017年代99回大会のその他試合予想を見る↓

2017年第99回夏の甲子園大会本戦予想・振り返りまとめ


-1試合毎予想, 2017年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.