1試合毎予想 2017年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2017年夏の甲子園準決勝 天理(奈良)vs広陵(広島)

更新日:

広陵(広島)  vs天理(奈良)

予想 55%  45%

〇10-6中京大中京 〇6-0大垣日大

〇6-1秀岳館  〇2-1神戸国際大付

〇6-4聖光学院 〇13-9明豊

〇10-4仙台育英

 


対戦カード予想

伝統校同士の一戦。投手力で広陵に分があるように見えるが、
両チームとも打力が高く、打ち合いなら天理にも可能性は十分ありそうだ。

 

天理はここ2戦エースの碓井が先発。持ち味のシュートボールで右の強打者が並ぶ明豊打線に立ち向かい、序盤はボールが高くなって打ち込まれるも中盤以降修正した。シュートを打ち込まれてもなおシュートで攻める気の強さも魅力だ。また、初戦完封の左腕・坂根の先発もありうる。ともに球威があるタイプではないだけにコントロールよくなげわけていきたいところだ。

一方、広陵打線は4試合で54安打とベスト4の4チームの中で最もつながりのある打線と言えそうだ。特に3番の中村は4試合で12安打4ホームランの猛爆ぶり。苦手なコースがなくどのボールにもコンタクトして長打を打つ。清原の5ホームランを越える可能性も十分にありそうだ。また、その他の打者も当たっており、準々決勝では6番から8番で8安打を放ったように上位から下位まで振れている。どのチーム相手でも5点は取りそうな打線だ。

 

一方、天理打線も準々決勝では20安打13得点と打線爆発。もともと奈良大会の時から打力のチームと言われてきたが、ようやく本領を発揮した。特に準々決勝では7番安原、8番山口の2人で3ホームラン。1番宮崎、2番杉下の2人で7安打を放つなど、中軸のわきを固める打者たちの好調ぶりが目立つ。初戦の2ホームラン以降当たりが止まっていた神野にも1本が出て、こちらも打線は上位下位満遍なく振れている。

広陵の投手陣は準々決勝では左腕・山本が奮闘。しかし、気がかりなのはエース左腕平元の出来だろう。準々決勝ではカーブの制球に苦しみ、失点こそ許さなかったが満塁のピンチを招くなど状態はあまりいいとは言えない。悲願の優勝を狙うには、エースの復調は欠かせないだけに中1日で調整したい。

 

ともに決勝進出の経験がある両チーム。中村新監督と経験豊富な中井監督のタクトも注目だ。高校野球ファン垂涎の名門対決。制するのはどちらになるか。


広島vs奈良 甲子園対決

春 広島1勝   奈良1勝

夏 広島0勝   奈良2勝

計 広島1勝   奈良3勝

 

奈良県が3勝1敗とリード。1980年には2年生エース川本を擁する天理と広陵の両校が激突。天理が4-2で勝利している。ただこのあと天理は準決勝で愛甲猛擁する横浜に1-3と雨中の逆転負け。まだ奈良勢が神奈川勢に勝てなかった時代である。

 

主な卒業生

広陵…西村健太朗(巨人)、上本博紀(阪神)、吉川光夫(巨人)、野村祐輔(広島)

小林誠司(巨人)、有原航平(日本ハム)、金本知憲(阪神監督)、二岡智宏(巨人)

 

天理…西浦直亨(ヤクルト)、中村奨吾(ロッテ)、門田博光(元南海)、関本賢太郎(元阪神)

 


 

↓2017年代99回大会のその他試合予想を見る↓

2017年第99回夏の甲子園大会本戦予想・振り返りまとめ


-1試合毎予想, 2017年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.