1試合毎予想 2017年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2017年夏の甲子園3回戦 東海大菅生(東京)vs青森山田(青森)

更新日:

東海大菅生(東京)vs青森山田(青森)

予想  55%   45%

〇11-1 高岡商 〇6-2 彦根東

 


対戦カード予想

投打に安定した戦いを見せて一気に優勝候補の一角として存在感を示しだした東海大菅生。青森山田は初戦同様先手を取ってペースをつかみたいところだ。

 

東海大菅生のエース松本は初戦の高岡商戦で1失点完投勝利をマーク。140キロ台の速球とスプリット・フォーク・スライダーで試合を組み立て、試合の中で修正能力の高さも見せた。日大三や早稲田実の強力打線を抑え込んだだけあって、投手としての完成度の高さは素晴らしいものがあった。加えて、まだ4人計算できる投手が揃っており、投手力の高さは素晴らしいものがある。

青森山田は彦根東戦で軟投派左腕のボールをしっかりためて打ち返し攻略。だが、今回は全く違うタイプと当たることになる。速球を苦にせず打ち返せるかと低めに落ちるボールの見極めが重要になりそうだ。

 

一方、青森山田の右サイドハンド斎藤も初戦は10安打を浴びながら2点に抑える粘投。こちらはサイドピッチャーらしく横の揺さぶりで勝負する。コントロールは安定しており、彦根東の大応援にも屈しないなどピンチにも強さを見せた。

東海大菅生の打線は高岡商の速球派左腕・山田の140キロ台のストレートを振りまけずに打ち返したように真っすぐにはめっぽう強い印象。加えて足も絡めた勝負強さもあり、打力も高いものがある。斎藤としては狙い球を絞らせず、インサイドで詰まらせる投球ができれば理想的か。初戦登板のなかったエース三上の登板もあるかもしれない。

 

投打とも力では東海大菅生が有利だろう。
青森山田としてはなんとか東海大菅生を慌てさせるような展開に持っていきたいところだ。。


東京vs青森 甲子園対決

春 東京1勝   青森1勝

夏 東京2勝   青森1勝

計 東京3勝     青森2勝

 

東京勢が3勝2敗とリード。上位で顔を合わせることも多く、
1987年選抜では青森勢として久々に上位進出を果たした八戸工大一が延長13回の死闘の末、
三輪(オリックス)を擁した関東一にサヨナラ負けを喫した試合もあった。今年はどちらが勝利するか…

 

主な卒業生

東海大菅生…金森敬之(ロッテ)、鈴木昂平(オリックス)、南要輔(楽天)

青森山田…吉田一将(オリックス)、山崎晃大朗(ヤクルト)、京田陽太(中日)
三森大貴(ソフトバンク)、堀岡隼人(巨人)


思い出名勝負(2011年夏の甲子園決勝)

光星学院

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 3 0 1 0 5 2 × 11

日大三

 

光星学院  秋田→李

日大三   吉永

 

この夏記録的な猛打で勝ち進んだ優勝候補筆頭の日大三と学校史上初の決勝に進み、悲願の白河の関越えを果たさんとする光星学院のマッチアップとなった2011年の決勝戦。

 

日大三は高山(阪神)、横尾(日本ハム)、畔上と並ぶ強力打線と絶対的エース吉永の好投による王道野球で決勝進出。特に5番高山、6番菅沼が打ちまくり、中軸が4人並ぶような威圧感ある打線は開星の巨漢投手・白根(ソフトバンク―横浜)や関西の水原堅田の左右の好投手をも飲み込んでいった。

 

一方の光星学院も初戦で3番川上が2ホームランを放つなど打線好調。準々決勝で対戦した東洋大姫路・原樹里(ヤクルト)には苦戦したが、その他は5点以上を獲得。投げてはエースの秋田が徐々に調子を上げて、準決勝は打力の高い作新学院を6安打完封。投げるたびに制球が良くなる印象で、打倒日大三への挑戦権を手にした。

 

試合前の大方の予想はやはり日大三有利。ただ、光星学院が1試合消化が少ないことがどう影響するかも注目されていた。

 

試合は序盤は静かな立ち上がり。ランナーこそ出るが、両投手が踏ん張って無得点。日大三・吉永は大会序盤でつぶした豆の影響かボールがなかなか走らず、苦しい内容ではあった。

 

だが、3回2アウトを取ってから光星学院・秋田が暗転する。3番畔上に死球を与えると、4番横尾もヒットでつないで2アウト1,3塁。ここで打席には潜在能力ならNo.1と言われていた5番高山秋田の甘く入ったスライダーを一閃した打球は瞬く間にバックスクリーンに飛び込む先制3ランとなった。この打球には光星学院ナインも衝撃を受け、そしてエース吉永にとってはありがたい援護点に。3点以上の重みのある先制点となった。

 

光星学院も中盤持ち味の打力を発揮。6番金山の特大ファールや4番田村(ロッテ)の2打席連続のライトへの痛烈なライナーがあったが、なかなか得点には結びつかない。5回表にはランナーを得点圏において、秋田がライト前にヒットを放つもライト高山の好返球でタッチアウト。数少ない得点機も摘み取られてしまう。

 

すると、7回裏ついに日大三の強力打線が秋田を制圧し始める。1番清水のライト前ヒットを送って1アウト2塁から畔上横尾高山の中軸が3者連続のタイムリー。疲れで制球も甘くなり始めた秋田のボールを容赦なく打ち返す。菅沼凡退の後、とどめは7番捕手・鈴木の2ランホームランで9-0.女房役が最高の仕事を果たして見せた。

 

秋田としては1,2回は自分のペースで運べていたが、やはり日大三の振りの鋭さ・打球の勢いからくる圧力は半端ではなかった。ほかの試合以上にプレッシャーと疲れがのしかかってくるのが対日大三打線なのかもしれない。

 

吉永は苦しい投球になりながらも最後まで粘り強く投げぬいて5安打完封。これで2001年日大三、2006年早稲田実に続いて5年周期で西東京代表が頂点に立ち、レベルの高さを物語っていた。小倉監督のいう「10点取って0点で抑える」をまさに体現した決勝戦となった。

 

一方、敗れた光星学院だったが、学校史上最高成績の準優勝は立派な成績。田村(ロッテ)・北條(阪神)の残った新チームも神宮で優勝し、春夏の甲子園ともに決勝進出。しかし、ともに藤浪(阪神)擁する大阪桐蔭の前に敗れてしまった。だが、3季連続の準優勝もこれまたなかなか並ぶことのできないであろう金字塔であった。

 

https://www.youtube.com/watch?v=qcEmpi51TFI

 

↓2017年代99回大会のその他試合予想を見る↓

2017年第99回夏の甲子園大会本戦予想・振り返りまとめ


-1試合毎予想, 2017年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.