1試合毎予想 2017年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2017年夏の甲子園1回戦 津田学園(三重)vs藤枝明誠(静岡)

更新日:

津田学園(三重)vs藤枝明誠(静岡)

予想  55%   45%


対戦カード予想

ともに強力打線を有する東海地区マッチ。どちらが制することになるか。

 

藤枝明誠の打線は県大会終盤に猛打さく裂。左打者が多く並ぶ打線は静岡の好左腕・池谷を滅多打ちしたように力のあるストレートに力負けしない。
県大会終盤での打順変更も功を奏したのだろう。

決勝では20安打23得点の猛打を浴びせた。
だが、津田学園の水谷久保田のバッテリーは昨年から経験豊富だ。
水谷は切れのあるボールを武器にしてピンチに強い。
決勝では味方のミスから1点差に迫られるも最後はなんとか踏ん張った。藤枝明誠の左打者を抑え込めるかがカギになるだろう。

 

一方、藤枝明誠の右サイドのエース久保田は日本代表に選ばれた逸材。横手から繰り出すストレートには切れがあり、コントロールも抜群。捕手・服部との配球も絶妙だ。決勝では雨の中苦しんだが。甲子園では快投を期待したい。

しかし、津田学園打線は強力だ。準決勝では140キロ台後半の速球投手を複数擁する菰野を相手に2桁得点を挙げた。久保田としても真っ向勝負しすぎると手痛い失点を食らいそうだ。

 

ともに実力は五分と五分。ある程度は点の入る展開になりそうだ。

 


三重vs静岡 甲子園対決

対戦なし

 

主な卒業生

津田学園…桑原謙太郎(阪神)、出口匠(楽天)

藤枝明誠…石井伸幸(元西武)、飯塚翔太(陸上)


 

↓2017年代99回大会のその他試合予想を見る↓

2017年第99回夏の甲子園大会本戦予想・振り返りまとめ


-1試合毎予想, 2017年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.