1試合毎予想 2017年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2017年夏の甲子園2回戦 花咲徳栄(埼玉)vs日本航空石川(石川)

更新日:

花咲徳栄(埼玉)vs日本航空石川(石川)

予想 55%   45%

〇9-0開星   〇6-5木更津総合


対戦カード予想

花咲徳栄は初戦投打に完璧な内容で初戦突破。
日本航空石川は初戦同様に終盤勝負に持ち込みたい。

 

花咲徳栄の綱脇は初戦安定した投球内容で8回0封。ストレート・変化球ともにコーナーを丹念に突く内容で強打の開星打線にチャンスすらほとんど作らせなかった。2番手には速球派・清水も控えており、継投も可能。序盤から自分のリズムで投げられれば、そう点は取られないだろう。

日本航空石川としては初戦の最終回で見せた逆方向への打撃でなんとか攻略していきたいところ。終盤の粘りには定評があるだけに期待したい。4番上田に初戦で勝ち越しタイムリーが出たのも好材料だ。

 

一方、日本航空石川の佐渡は140キロ台の速球とスライダーを武器とする好投手。ただ、初戦は左打者への攻めに苦労した。花咲徳栄の1番太刀岡、2番千丸、3番西川の上位の左3人に打たれると苦しくなる。特に3番西川のスイングスピードは出色。佐渡としては強気にインサイドを攻めて打ち取りたいところだ。終盤勝負に持ち込むためには佐渡が最少失点でしのぐことが重要になる。花咲徳栄の足を封じられるかもかぎになりそうだ。

 

先行逃げ切りで手堅くいきたい花咲徳栄と競って終盤勝負に持ち込みたい日本航空石川。どちらが自分たちのペースで試合を進められるか。


埼玉vs石川 甲子園対決

春 埼玉 0勝   石川1勝

夏 埼玉 1勝   石川1勝

計 埼玉 1勝     石川2勝

 

石川が2勝1敗とリード。金沢が2勝を挙げており、相性がいい。今年は果たして…

 

主な卒業生

日本航空石川…角中勝也(ロッテ)、荒張裕司(元日本ハム)

花咲徳栄…若月健矢(オリックス)、愛斗(西武)、高橋昂也(広島)

岡崎大輔 (オリックス 内野手)


思い出名勝負(2006年夏の甲子園1回戦)

金沢

1 2 3 4 5 6 7 8 9
2 0 2 0 1 2 0 0 2 9
0 2 0 0 0 0 1 0 0 3

浦和学院

金沢     滝口

浦和学院   内山→赤坂→市川

 

ともに打力に自信を持つチーム同士の初戦となった。

 

浦和学院はここ10年で打撃は一番というチーム。ディフェンスに不安はあったが、それを補って余りある打線で勝ち上がり、決勝では鷲宮の好投手・増渕(ヤクルト)から3番鮫島が先制2ランを放つなど4-0と完勝。2年ぶりの夏代表をつかんだ。

 

一方、金沢は3年ぶりの代表。例年守備力の高いチームで出場していたが、今年は打撃もよく、遊学館のエース番匠を打って代表の座をつかんだ。

 

試合は序盤から金沢ペース。初回、野崎の2塁打などで2点を先制。浦和学院の先発・内山に襲い掛かる。全体的に振りが鋭く、今年の金沢の打撃は違うという印象を与える。

 

だが、打力なら浦和学院も負けてはいない。2回裏、ランナーを一人置いて期待の2年生スラッガー赤坂(中日)が同点2ラン。すさまじい飛距離を見せ、やはり只者ではない。

 

だが、この日は金沢が常に先手を取って試合を有利に進める。3回表再びチャンスで5番野崎が勝ち越しタイムリー2塁打。すぐに2点を勝ち越す。

 

その後、試合は金沢ペースに。盗塁・犠打も絡めた抜け目ない攻撃で2番手赤坂、3番手市川から着実に加点。守ってはエースの滝口がカーブを有効に使った投球で浦和学院の打線を3点に抑えて、2001年夏以来の夏の勝利を手にした。5番野崎は3本の2塁打を放つ大活躍だった。

 

金沢は次の試合で智辯和歌山と対戦。智弁の強力打線に中盤ビッグイニングを作られて敗れたが、終盤追い上げを見せるなど力を見せた。智弁と当たっていなければ、上位まで行ったのではないかというチームだった。

 

一方、敗れた浦和学院は常にペースを握られての試合で苦しい展開だった。赤坂が翌年にも残ったチームは再び夏の甲子園へ出場。しかし、再び打線が沈黙して初戦敗退。浦和学院がなかなか甲子園で勝てない時代だった。

 

https://www.youtube.com/watch?v=zcZuTYPrPfo

 

↓2017年代99回大会のその他試合予想を見る↓

2017年第99回夏の甲子園大会本戦予想・振り返りまとめ


-1試合毎予想, 2017年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.