• 福井商vs仙台育英 2008年夏

    好捕手vs核弾頭の対決

    2008年夏の2回戦最後の試合は伝統校同士のぶつかり合いとなった。

    仙台育英は3年連続の夏の出場。県大会でライバル東北を1-0と僅差で破り、春夏連続出場を狙った秋の東北王者を止めた。投手陣は2年生の穂積から1年生左腕の木村へつなぐ継投が持ち味。2人とも下級生だが、球威は十分の好投手だ。

    また、打線は昨年春夏連続で甲子園を経験した1番橋本(巨人)が引っ張る。甲子園初戦では菰野の好投手・西(オリックス)から5打数5安打を放ち、守備でも強肩を披露するなど、チームに勢いをつけた。上位に左打者が並ぶも、左投手を全く苦にしない打者がそろう。

    一方、福井商は4年連続の夏の甲子園。前年夏は開幕戦で優勝した佐賀北に敗れてしまったが、当時2年生だった捕手の中村(ヤクルト)が残り、福井商らしい守りのいいチームに仕上がってきた

    1回戦は2年生の技巧派左腕・竹沢が好投。捕手・中村(ヤクルト)が好リードで支え、竹沢のキレのあるボールを活かした投球を引き出した。打線も持ち味の犠打を有効に使った攻めで酒田南の2年生左腕・安井を攻略。6-1と快勝で2回戦進出を決めた。

     

    常に先手を取った仙台育英が接戦を制す

    福井商

     0

    仙台育英

     

    福井商    竹沢→藤田→長谷川→辻岡

    仙台育英   穂積→木村

    仙台育英は初回いきなり橋本が2塁打。これで6打席連続のヒットとなり、このヒットをきっかけに2点を先取。福井商も得意のバントを絡めた攻撃で追いすがるが、そのたびに仙台育英が突き放す。

    仙台育英は県内のライバルである東北の好左腕・荻野を打ち崩すため、徹底的に左腕対策を繰り返してきた。中村も懸命のリードで竹沢を助けようとするが、仙台育英の逆方向への打撃が竹沢を飲み込んでいき、初戦1失点完投の左腕を3回持たずにノックアウトした。

     

    ただ、仙台育英の2年生エース穂積も不調。コントロールが乱れ、5回には3四死球で同点に追いつかれてしまう。ここで継投したのが1年生左腕の木村。このふてぶてしい面構えの1年生左腕が追いすがる福井商打線の勢いを止める。

    すると、その裏仙台育英は再びチャンスを作り、当たっている小川が左中間に2点タイムリー3塁打。福井商は期待の1年生長谷川などをマウンドに送ってなんとかしのごうとするが、一度火のついた仙台育英打線を止めることはできなかった。

    これで流れをつかんだ仙台育英は木村が最後まで力投。9回はまさかの牽制タッチアウトで3アウト目をもぎ取り、3回戦進出を決めた。

     

    トップバッター橋本は初戦と合わせ9打数7安打の活躍。試合開始から流れを呼び込む彼の活躍と1年生左腕・木村の奮闘が光った試合だった。3回戦では優勝候補の横浜に接戦で敗れたものの、木村が3年生となった夏は開星戦など感動を呼ぶ試合で再び甲子園を盛り上げた。

    一方、福井商もこの試合で登板した1年生右腕の長谷川が3年生となって2年後の甲子園に帰還。MAX148キロのストレートを武器にいなべ総合を完封し、甲子園1勝を記した。