• 関西vs九州国際大付 2011年夏

    初戦で実現したV候補の激突

    選抜準優勝の九州国際大付属と堅田・水原の強力2枚看板を擁する関西。ともに強力打線と好投手を擁するV候補同士の一戦は今大会初戦屈指の好カードとなった。

    九州国際大付属は選抜で6ホームランを放った長打力のある打線を誇り、切れのあるまっすぐとチェンジアップで打ち取る三好(楽天)と主将・捕手として抜群のリーダーシップの高城(DeNA)のバッテリーで福岡大会を圧倒的に勝ち上がった。2年生左腕の大江もスローカーブを武器に好投。連戦にも耐えれる陣容を築いた。選抜であと少しで逃した優勝旗を狙っている。

    一方、関西はここ2年間んは選抜でいずれも初戦で優勝校と対戦する不運に見舞われていた。選抜後は左のエース堅田が不調に陥り、苦しい戦いが続いたが、右の速球派の水原が奮闘。打線も4番渡辺(DeNA)を中心に援護し、決勝では9回に3点差のビハインドを追いついて最後はサヨナラ勝ちに結び付けた。

    九州国際大付

    10 11 12

    関西

     

    九州国際大付  三好→大江

    関西      水原

    そんな力のあるチーム同士の対決は2回早くも山場がやってくる。九州国際大付が1アウト3塁のチャンスを築き、7番の加藤がセンター定位置へフライをあげる。犠飛には十分かと思われたが、関西のセンター小倉が見事なバックホーム。3塁走者の高城はアウトになり、しかも高城がクロスプレーで指を痛めてしまう。九国としては二重に痛いプレーとなった。

     

    それでも水原を攻める九国は4回に満塁から押し出しで1点先取するも1点どまり。その裏関西はこの試合の打の主役・4番の渡辺が三好の変化球をレフトスタンドへ叩き込む。その後、調子を上げた水原の重いストレートを九国は打ちあぐね、あれほど豪打を見せつけた重量打線から快音が消える。すると、8回裏渡辺がセンター前へこの試合2打点目のタイムリー。

     

    1点ビハインドで9回表の攻撃を迎えた九国はエース三好が三塁強襲の意地のツーベース。すると、九国の誇る2年生長距離砲・龍がライトへ起死回生の同点タイムリーを放ち、試合は延長戦に突入する。

     

    延長でも白熱した攻防が続き、延長11回には関西が2アウト2塁で福井がライト前にはじき返すも、九国の乗ってる男・龍がノーバウンドのバックホームでランナーを刺し、サヨナラを許さない。ともに外野守備が光る両チームだった。

     

    しかし、延長12回エース三好のスタミナに限界を感じた若生監督は2番手に左腕・大江をマウンドへ。この展開は2年生左腕には酷だったか、大江はなかなかストライクが入らず、2四球にワイルドピッチで1アウト13塁のピンチを招くと最後は今日の主役・4番渡辺の高く弾んだセカンドゴロで俊足・小倉が生還し、ゲームセット。選抜準Vの九州屈指の強豪が初戦で散ることとなった。

     

    日大三が圧倒的な猛打で優勝した大会だったが、この試合は大会前半のハイライトともいえる試合で、サヨナラゲームの多かったこの年を象徴するようなゲームだった。