• 浦和学院vs中京大中京 2004年夏

    終盤に二転三転の好試合 最後は1年生が決めた!

     

    駒大苫小牧の初優勝に沸いた第86回夏の高校野球。大会終盤には数々の名勝負が刻まれた。しかし、大会屈指の好ゲームはと言われると実はこの試合を押したい。

    中京大中京は4年ぶりの夏出場。愛知大会準決勝では選抜準優勝の愛工大名電を2-1の接戦で退け、決勝では連続無失点記録を作っていた豊川・森福(ソフトバンク)を打ち崩し、6-4で退けた。

     

    ピッチャー小椋はいかにも馬力のあるフォームから力のあるストレートをコントロールよく投げ込む。梶田ら強打者を擁する愛工大名電にわずか5安打しか許さない圧巻のピッチングで退けた。

     

    一方、打線は1番主将の伊藤が高い出塁力を誇り、2~5番は全員2年生という若い打線ながら大藤監督がたたき上げで鍛えたという実戦派。好投手を崩して打ち勝ってきた。久しぶりの出場だが、上位進出する力は十分備えている。初戦は3年前に初出場ベスト8入りを果たした明豊相手に序盤から自慢の打力を発揮。6-3で危なげなく倒した。ただ、県大会大活躍の3番亀谷を病気で欠いており、代わりに入った1年生小川がどんな働きをするか。

    浦和学院は2年ぶりの出場。前年好左腕須永を擁し、全国制覇も見据えながら夏は出場を逃した。その後、チームは低迷していたが、森監督が3年生をグランド入り禁止させるなどして奮起させ、埼玉大会では強さを発揮した。

     

    投手今成は急速こそ速くないが、シュートで右打者のインコースを強気につく好投手。打線も昨年からの経験者である3番主将福田を中心に鋭いふりを見せる。ここのところ優勝候補に挙げられながらもろさを見せていたが、今回は実戦派の好チーム。一味違うチームである。

     

    初戦では優勝候補の一角にも挙げられた広島商業と対戦。好投手岩本(広島)の立ち上がりを捕らえ、先制すると7番・(影の4番と言われていた)のホームランで追加点。広島商の4割打線を今成が1点に抑え、1回戦屈指の好カードを制した。

    1年生NEW HERO 誕生!

    中京大中京

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 0 0 0 0 0 0 2 4 6
    0 0 2 0 0 0 0 0 2 4

    浦和学院

     

    中京大中京  小椋

    浦和学院   今成純→豊田→今成純→柴崎

    力は中京大中京が上だが、浦和学院がどこまで食らいつけるかというところ。序盤は投手戦が続いたが、浦学打線の振りが鋭い。小椋の剛球に力負けしない強烈なダウンスイングを見せる。3回裏1番小山、2番渡辺が強烈なスイングから長打連発。3番福田のスクイズで2点目を取り、主導権を握る。

     

    その後、試合は膠着状態となるが、好守備を連発したのが浦学の1番ショート小山。三遊間深いあたりに追いつき、矢のような送球。何度も好守を連発し、スタンドのファンをうならせる。今成もインサイドを強気につき、強打の中京大中京打線を抑え込む。

     

    しかし、中京大中京・小椋も踏ん張って得点を与えない。お互い好守・強打を見せあいながら試合は2-0のまま8回に進む。

     

    8回表中京大中京は2番西平がライト前にはじき返すと、3番小川がきっちり送り1アウト2塁。ここでこれまで大会ノーヒットに2年生4番中村が打席へ。今成のインコースへのシュートをインサイド打ちのお手本のようなバッティングではじき返した打球はレフトスタンドへ1直線。地鳴りのような大歓声。アナウンサーも絶叫する一撃でついに中京大中京が同点に追いつく。

     

    その裏浦和学院は1アウト1,3塁のチャンスを作りここで中京大中京は満塁策を選択。初戦ホームランの岸を迎える。ここで小椋を注文通りのショートゴロダブルプレーに打ち取り、ピンチを逃れる。

     

    9回表中京大中京は先頭の8番小向がツーベースヒット。9番小椋が送り1アウト3塁。ここで、問題のプレー。1番伊藤は敬遠されるが、守りのすきをついて1塁から一気に2塁を奪う。浦和学院は仕方なく2番西平を歩かせ満塁策をとる。満塁策をとった中京大中京に対して、満塁策を取らされた浦和学院。同じ満塁策でも全く意味合いは違った。

     

    満塁で打席に向かうは代役の1年生3番小川今成のアウトコース真っすぐを素直にはじき返した打球は左中間を真っ二つ。走者一掃で3点追加。さらに5番磯村のタイムリーで1点追加し、4点差となる。

     

    その裏、浦和学院は1、2番が再び強打連発。連続長打で2点を返す。しかし、3番福田は三振。4番永井は強烈なファーストライナーで試合終了となった。

     

    まとめ

    終盤まで我慢強く戦い、チャンスを一気にものにした中京大中京の戦いは圧巻だった。しかし、今成の好投と強打で小椋を苦しめた浦学打線もまた見事。昨年までのもろさがなくなり一皮むけた感のある浦和学院であった。

    2004 86回大会 2回戦 中京大中京 vs 浦和学院 平成16年 – YouTube

    【好投手列伝】愛知県篇記憶に残る平成の名投手 2/3 – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)

    【好投手列伝】埼玉県篇記憶に残る平成の名投手 3/5 – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)