• 2017年選手権準々決勝 東海大菅生vs三本松(12日目第1試合)

    大会12日目第1試合

     

    三本松

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
    3 0 2 0 0 2 2 0 × 9

    東海大菅生

     

    三本松    佐藤→安芸→山花→佐藤

    東海大菅生  松本→戸田

    4強入りをかけた準々決勝の第1試合は東海大菅生が持ち前の長打力で三本松を序盤から圧倒!3試合連続の大量得点でベスト4一番乗りを果たした。

    試合

    試合前の焦点は三本松のエース佐藤を東海大菅生打線がどう攻略するかであったが、初回からその猛打で相手エースに襲い掛かった。1回表、2番松井がセンター前ヒットで出塁すると、3番小玉は低めの変化球を見送ったのち、甘く入ったストレートを右中間にはじき返して先制の2ランホームラン。打たせて取る佐藤の術中にはまることなく、取りに来たボールをしっかりたたいた。この回、4番片山、6番佐藤も長打を放ち、一気に3点を先制する。

    東海大菅生の先発・松本は初戦の高岡商戦以来のマウンド。この日は立ち上がり、ヒットは許すものの、決め球のスプリットが要所で低めに決まり、決定打を許さない。2,3回戦と先制してリズムを作ってきた三本松打線を封じ込める。2回裏にはショートの田中幹が三遊間深い当たりをダイビングキャッチ!惜しくもセーフになったものの、バックも堅い守備で松本を盛り立てた。

    勢いに乗る菅生打線は3回裏に早くも試合を決めにかかる。二巡目に入った上位打線が佐藤の球筋を完全にとらえ、4番片山が右中間を破る3塁打で出塁すると、2アウト後に6番佐藤が高めに浮いた変化球をとらえてレフトポール際に叩き込み、5-0。三本松のマウンドを一人で守ってきた佐藤はこの回でマウンドを降りた。

    これまで佐藤の投球に各チーム打たされることが多かったが、この日の菅生打線はきわどいボールを見極め、打つべきボールを一球で仕留めた。まさに好投手を攻略するお手本のような攻撃でまたしても大量得点に結びつけた。

    なんとか反撃したい三本松打線だが、松本を相手にして序盤5点のビハインドはなんとも苦しい展開。点差ゆえに攻撃の選択肢も狭まり、伸びのあるストレートとスプリットを前にして徐々に快音も消えていった。

    攻撃の手を緩めない菅生打線は6回裏に2番松井がこの日チーム3本目となるホームランを放って7-0と大きくリードを広げる。決して低めの悪いボールではなかったのだが、打った打者の力量が上回った。

    7回裏にも守備のミスから2点を失った三本松は8回表にようやく得点を挙げる。9番黒田が2塁打で出塁すると、この日無安打の1番大久保が低めのストレートを引っ張ってレフト前へ運ぶタイムリーヒット。意地の1点を返した。

    さらに、9回表には2番手の戸田を攻めて1アウト満塁とチャンスを迎えたが、最後は後続が連続三振に打ち取られてゲームセット。東海大菅生が三本松を投打に圧倒し、ベスト4進出を果たした。

    まとめ

    東海大菅生は序盤から迷いのないスイングで三本松のエース佐藤を攻略。3本のホームランを含む7本の長打を放ち、改めてレベルの高さを示した。大会出場校中でも屈指の長打力と松本戸田のWエースを擁し、戦力は充実。これまで出場するたびに1点差ゲームで涙を呑んできた西東京の強豪が壁を突き破って快進撃を続けている。

    敗れた三本松はこの日は頼みの佐藤がつかまり、なかなか自分たちのペースで試合を進めることができなかった。佐藤は持ち味の打たせて取る投球ができず、甘いボールをきっちり仕留められてしまったのは、痛かっただろう。しかし、ベスト8に唯一公立校として残り、香川県勢としても2002年の尽誠学園以来の8強入り。確かな足跡を残した夏となった。