• 2017年選手権1回戦 作新学院vs盛岡大付(2日目第1試合)

    大会2日目第1試合

     

    作新学院

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
    0 1 0 0 3 0 0 0 × 4

    盛岡大付

     

    作新学院   大関→篠原

    盛岡大付   平松

    互いに強力打線を有する両チームの対戦。大会でも上位の実力を有するチーム同士の対戦に注目が集まった。

    試合

    盛岡大付の先発は右腕・平松。速球が武器の右腕だが、立ち上がり制球が定まらない1番相原へ死球を与えるなど、満塁のピンチを招くと5番七井への投球が暴投となり、先制点を挙げる。作新は2番添田に強攻させるなど、らしい攻撃を見せた。

    作新学院の先発は左腕・大関。のらりくらりとかわすタイプの左腕だが、盛岡大付のスイングが鋭い。2回裏には2塁ランナー小林の三盗などで築いたチャンスに9番臼井が高めに浮いた速球を力負けせずレフトへはじき返すタイムリー。下位打線でも力強さを見せ、すぐに同点に追いつく。

    立ち上がりを乗り越えた盛岡大付の平松は徐々に復調。打者の右左を問わずコーナーに決まるスライダーを武器に作新学院の強力打線を封じていく。ストライク先行でどんどん追い込んでいき、甘いボールはほとんどない。作新学院も選球眼よく四球は選ぶが、ヒットにできるボールは少なく栃木大会で猛威を振るった打線は沈黙する。

    作新・大関も持ち味を発揮して好投を見せていたが、5回に捕まる。9番臼井、1番の連打で1,3塁のチャンスを作ると、暴投で勝ち越し。3番注目の植田を打ち取るも、続く4番比嘉(巨人)に高めに浮いたボールを右中間にはじき返されて4-1。中盤で痛いリードを許す。

    その後、大関は得点は許さなかったが、盛岡大付のフルスイングに常にプレッシャーをかけられる展開。終盤篠原へ継投して何とかしのいだが、盛岡打線の迫力はすさまじかった。

    そして、平松は快調な投球で終盤まで好投、最終回作新学院もディフェンディングチャンピオンの意地を見せ、3四死球で満塁のチャンスを作るも最後は1番相坂をライトフラ鬼打ち取ってゲームセット。主将・添田をネクストバッターズサークルに残して試合終了となった。

    両チーム無失策の好試合でハイレベルな攻防を盛岡大付が制し、作新学院の連覇を見事に阻止した。平松はストレート、スライダー、チェンジアップを交えて素晴らしい投球だった。

    まとめ

    これで盛岡大付は出場5大会連続の初戦突破。甲子園9連敗をしていたのは今や昔。しかも春は智弁学園、夏は作新学院とそれぞれ前年優勝校を破っての勝利はまた価値が高い。今日好投した平松に加えて左の三浦瑞もおり、今大会の優勝争いにいよいよ加わってきそうな気配だ。次戦は松商学園が相手。相手の機動力を封じられるか。

    一方、作新学院はまさかの2安打での敗戦。9四死球を選ぶ選球眼の良さは見せたが、初戦敗退で2連覇の夢はついえた。しかし、昨年の今井(西武)、入江のようなスター選手は不在な中で栃木大会7連覇は素晴らしい結果。小針監督もまだ若く、この強さはまだまだ続きそうで、来年も楽しみなチームだ。