• 2017年選手権1回戦 聖光学院vsおかやま山陽(3日目第3試合)

    大会3日目第3試合

     

    聖光学院

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 2 1 1 1 0 0 1 0 6
    0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

    おかやま山陽

     

    聖光学院     斎藤

    おかやま山陽   大江→小松

    11年連続出場の聖光学院と初出場のおかやま山陽の対戦はやはり甲子園経験の差が出たような試合となった。

    試合

    1回表を先発・大江が危なげなく3人できると、その裏おかやま山陽は先頭・川田がいきなり右中間を破る2塁打。2番・岡田が犠打で送って1アウト3塁の大チャンス。しかし、ここで聖光学院・斎藤がカウント1-3となりながら落ち着いた投球を見せ、最後はチェンジアップでタイミングを外して空振り三振。4番井元もスライダーで空振り三振の切り、是が非でも先制点のほしかった初出場校に点をやらない。

    おかやま山陽の先発・大江は県大会決勝で8回までノーヒットノーランで投げぬいた好投手。伸びのある速球とスライダー、フォーク、カーブを持ち、コントロールも決して悪くない。レベルの高い好投手だが、2回から聖光学院のうまい攻めが始まる。

    2回表は先頭の4番柳沼がボールがベースに当たって変化したラッキーな内野安打で出塁すると、5番仁平が高めに浮いたストレートをレフトオーバーしてタイムリー3塁打。少し外し気味に投げたボールが甘く入ったところを逃さなかった。さらに6番松本も真ん中に入ったストレートをライト前にはじき返して2点目。大江のボールは決して悪くないのだが、甘く入ったボールを逃さずたたく抜け目なさがある。

    3回表には2番渡辺のショート内野安打に失策が絡んでチャンスを作ると、1アウト3塁から4番柳沼がしっかり犠飛を放って追加点。相手ミスを逃さず得点に結びつける。

    一方のおかやま山陽は3回までに2長打、3四死球で再三塁上にランナーをにぎわせるもあと一本が出ない。というより聖光学院のエース斎藤が一本を出させない投球。勝負所での制球を間違わず、真っすぐを狙い打たれてピンチを招いても、最後はチェンジアップを見せてタイミングを外して打たせて取る。これぞ勝てる投手というピッチングを見せる。

    4回表にも聖光は8番大平、1番矢吹の長打で4点目。再び大江の自身の真っすぐがとらえられた。このあたり狙い球もチームでしっかり徹底されており、冷静な攻撃だった。4回途中でおかやま山陽は大江をあきらめて、小松に交代。その小松からも5回、8回着実にと加点した聖光学院が結局6-0でおかやま山陽を寄せ付けず、2年連続の初戦突破を果たした。

    まとめ

    両チームの個々の能力には決して大きな差はなかったが、やはり聖光学院は序盤からペースをつかむのがうまい。エースの斎藤は140キロほどの速球と腕の振りの変わらないチェンジアップで打者を翻弄。聖光学院の投手は歴代で見ても、プロ注目の投手は斉内(阪神)くらいだったが、どの投手も投球の中身がうまい。内角もきっちり制球でき、緩急の効いた投球内容ですごいボールがなくても抑えるすべを知っている。この辺りはさすが11年連続出場の経験もあるだろう。今年も上位まで勝ちすすむ力を持っていそうだ。

    一方、おかやま山陽は自慢の打線が聖光学院・斎藤をとらえられず。1回裏の先制のチャンスを逃して、そのままずるずると失点を重ねてしまったのが痛かった。大江小松も全然悪い投球内容ではなかったが、勝負所で甘く入ったボールを逃してもらえなかった。それでも、投打に能力の高い選手を擁し、初の代表をつかんだのは事実。ここからおかやま山陽も歴史を紡いでいくのだ。聖光学院だって初出場時は明豊に20-0の大敗を喫し、そこから強豪に成長したのだから。