• 2017年選手権1回戦 聖心ウルスラvs早稲田佐賀(3日目第4試合)

    大会3日目第4試合

     

    聖心ウルスラ

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 1 0 4 0 0 0 0 0 5
    0 0 0 0 0 0 2 0 0 2

    早稲田佐賀

     

    聖心ウルスラ   戸郷

    早稲田佐賀    安在→森田

    ともに甲子園初勝利を狙う九州勢同士の対戦は聖心ウルスラに軍配。2度目の夏で初勝利を挙げた。

    試合

    聖心ウルスラの2年生の先発・戸郷(巨人)は長身から繰り出す140キロ台の速球とスライダーが武器。少し前かがみになってスリークオーター気味から繰り出すボールには力があり、序盤は早稲田佐賀の打線にヒットすら許さない。

    一方、早稲田佐賀の先発もこちら2年生の左腕・安在。県大会決勝での怪我が心配されたが、まずは初回を3者凡退。左スリークオーター気味の腕の振りからボールを繰り出し、制球力がよく変化球を低めに集めて打たせて取るタイプの投手だ。

    しかし、2回表先制したのは聖心ウルスラ。4番矢野がラッキーな内野安打で出塁すると、5番請関は強攻で逆らわずにはじき返して、ショート強襲ヒット。この辺りはさすが打撃に自信を持つ聖心ウルスラ。犠打で送って1アウト2,3塁から7番上村がスクイズ。3塁ランナーは抜群のスタートを切っており、流れるような攻撃で先制点を挙げる。

    4回表には4番矢野を四球で歩かせると、6番柳田から9番戸郷まで4連打。安在の緩いボールをしっかりためてたたき、代わった2番手左腕・森田からはストレートを狙い撃ち。盗塁も絡めて一挙に大量点を奪い、攻撃的な姿勢を打ち出す。下位打線が連打を重ねるあたり、打力の高さが垣間見られた。

    戸郷はバックハンドの大きい豪快なフォームから腕を繰り出し、速球とスライダーを外角低めに集めて、三振の山を築く。2回に右打者に死球を与えたこともあり、外角中心の配球になったが、それでもボールの力で押し込んで抑えていく。

    早稲田佐賀は終盤7回に反撃。WASEDAの応援歌に乗って、6番森田がレフト前ヒットを放つと、7番坂本・8番鈴木が連続バスターエンドラン。戸郷のストレートをようやくとらえて1点を返すと、代打・春日井はファースト内野安打で5-2。怒涛の4連打で2点を返す。この辺りはかさにかかった時の佐賀代表の攻めの怖さを感じさせた。

    だが、ここで戸郷は冷静な投球で対応。徹底した低めへの投球で1~3番から2三振を含む完璧な投球でその後は無失点。8,9回もランナーを背負うも早稲田佐賀の積極的な攻めに冷静に対応して、5-2で甲子園初勝利を手にした。

    まとめ

    聖心ウルスラは自慢の打線が序盤にしっかり得点して、楽な展開で試合を進められた。戸郷は少しボールがシュート回転することもあったが、スライダーの制球は抜群。11奪三振で2失点完投勝利を記録した。次は常連の聖光学院。どんな投球を見せるか楽しみだ。

    早稲田佐賀は前半で2年生左腕・安在がつかまってしまったのが痛かった。守備型のチームが5点ビハインドは苦しいところ。打線は終盤反撃を試みたが、戸郷のスライダーをなかなかとらえきれず。佐賀大会打率6割の3番小部がノーヒットに終わり、キーマンを抑え込まれた。だが、早稲田実のいない夏に紺碧の空が夏の夜空に響き、アルプスはじめ盛り上がりを見せたのは早稲田佐賀のナインの努力の成果だった。