• 2017年選手権1回戦 花咲徳栄vs開星(3日目第2試合)

    大会3日目第2試合

     

    花咲徳栄

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    1 2 1 0 0 0 5 0 0 9
    0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

    開星

     

    花咲徳栄   綱脇→清水

    開星     中村→片原→加納

    ともに打線に自信を持つ両チームの対戦だったが、えてして攻撃型チーム同士の試合は大差がつくことが多い。この試合も少し点差が開いてしまった。

    試合

    開星の左腕・中村は低めに変化球を集めて打たせて取るタイプ。被安打は多くても勝負所を間違わない投球で島根大会で優勝したが、この日は序盤制球に苦しんだ。そこを3年連続出場の花咲徳栄は逃さない。

    1回表、1番太刀岡がセンターへヒットを放つと、好走塁で2塁を陥れる。花咲徳栄の機動力の象徴の1番太刀岡、2番千丸が立ち上がりからその威力を見せる。初回は送った後、3番注目の西川(西武)が速い球足のライト前タイムリー。2回にはランナー1,2塁の好機に主将・千丸が右中間を破る2塁打。主導権を握る。

    花咲徳栄の先発・綱脇は昨年作新学院戦で先発して打ち込まれたが、そこから大きく成長。スライダー、ツーシームを決め球にスローカーブで緩急をつけ、安定感のある投球。初回に1アウト1,2塁のピンチを招くも4番上田をダブルプレーに打ち取ると、その後はピンチらしいピンチもあまりなく悠々と投げていく。ストレートのスピードこそないが、外角の出し入れと緩急で打者を牛耳る好投手。この日は散発7安打で無失点だった。

    打線は序盤ヒットのわりに点が少ない少し嫌な展開だったが、この悪い流れを感じさせなかったのは綱脇の好投があったからだ。

    7回にはついに打線が開星・中村を完全にとらえる。4番野村(日本ハム)がストレートをとらえて痛烈なレフト線タイムリー2塁打を放ち、5番須永はスライダーをセンター返し。直球・変化球ともにとらえられて中村は降板した。続く2番手片原からも9番岩瀬のタイムリー3塁打などで加点。9-0と大きくリードを広げた。

    守備陣も岩瀬千丸の二遊間を中心に堅守。球際の強さも見せて、綱脇を支えた。9回は2番手で清水(中日)が登板。140キロ後半の速球で押し、無失点で9回を締めた。

    まとめ

    花咲徳栄は昨年はエース左腕・高橋(広島)を擁して、優勝候補に挙げられた。今年は高橋のような超高校級の選手こそいないが、投攻守の総合力は昨年以上かもしれない。今日も制球のいい中村のボールを好球必打を徹底して打っていくチーム力の高さも見せた。綱脇清水の両輪も好投。埼玉勢初の夏の優勝へ絶好のスタートを切ったと言えそうだ。

    一方、開星は序盤は左腕の中村が打たれながらもライトの好返球などで最少失点に抑えていたのだが、やはり自慢の打線が完全に封じられてしまったのが痛かった。花咲徳栄の少しずつ堀を埋めていくようなしたたかさの前に付け込むすきがなかった印象だった。ただエースの中村はまだ2年生。やり返すチャンスは残っている。