• 2017年選手権2回戦 天理vs大垣日大(6日目第1試合)

    2021年09月08日

    大会6日目第1試合

     

    大垣日大

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
    0 1 0 2 2 0 0 1 × 6

    天理

     

    大垣日大   修行→杉本

    天理     坂根

    天理のバレンティンの異名をとる神野が、これぞ4番の仕事といった打撃でチームを勝利に導いた。

    試合

    天理の先発は2年生左腕の坂根。大垣日大の主力に左打者が並ぶため、先発を任されるも立ち上がり大垣日大の2番の好打者都筑に2塁打されてピンチを招く。しかし、丹念にコーナーを突く投球で4番宮坂、5番内藤を打ち取りピンチを脱する。

    対して大垣日大の2年生右腕・修行は好調な立ち上がり。天理打線の早打ちにも助けられたが、長身から繰り出すストレートには威力があり、なかなか攻略は難しいという印象。

    ところが、この状況を一振りで変えてしまったのが、天理の4番神野。2回裏先頭で打席に立つと、冷静に投球を見極めてカウント0-2からも3球目の外角速球を見事にとらえた打球はセンターバックスクリーンに悠々届く先制ホームランとなった。

    序盤試合を押していたのは大垣日大。初回以降も再三にわたってランナーを出してプレッシャーをかけるが、天理の左腕・坂根が粘り強い投球で得点を与えない。ボールカウントが悪くなっても決して甘いところに行かず、直球・変化球ともにコーナーに投げ分けた。

    すると、4回裏またも4番神野が仕事をする。大垣日大・修行の高めの見逃せばボールかというボールをたたいた打球は今度は左中間スタンドに飛び込むソロホームラン。神野さえいなければ、修行の投球は完ぺきな内容だっただけにそれだけ彼の果たした役割は大きかった。さらにこの回5番主将城下の2塁打と7番森本のタイムリーで追加点。徐々に天理打線が修行のストレートを打ち上げずに低く強い打球で返すようになってきた。

    5回裏には1番宮崎、2番杉下修行の高めの真っすぐをとらえて追加点。3番太田(オリックス)も犠飛を放ち、5-0と大きくリードを広げた。修行はこの回でマウンドを降りた。

    天理の坂根は6回にカーブをねらわれて2安打を打たれるも、すぐに配球を変えるしたたかさで対応。制球力が良いため、ボール球もほとんどが意図して投げたもの。ヒットは打たれても、肝心な場面で制球を誤らなかった。結局大垣日大に9安打を浴びながら完封勝利を飾った。

    まとめ

    天理は4番と先発の働きで序盤にペースをつかんで快勝。試合巧者・大垣日大を相手に付け入るスキを与えなかった。特に4番神野は失投を逃さない集中力が光った。天理は中村監督になって初の甲子園勝利。これまで森川橋本両監督の後継者がなかなか育たない悩みがあったが、ようやくその問題も解決したようだ。昨年ライバル智弁学園が選抜初優勝を飾ったなか、名門校も意地を見せた大会だった。

    結果は6-0で敗れた大垣日大だったが、そのスコアほどの差はもちろんなく、序盤むしろ攻めていたのは大垣日大だった。修行も攻略こそされたが、ボールの威力自体は素晴らしく、同じく2年生の杉本とともに来年が楽しみな逸材。ベンチ入りに8人下級生が残るチームは2018年の帰還を狙っている。