• 2017年選手権2回戦 東海大菅生vs高岡商(7日目第2試合)

    大会7日目第2試合

     

    東海大菅生

    11

    高岡商

     

    東海大菅生    松本

    高岡商      土合→山田→土合→伏見

    実力校同士の好カードは中盤まで互角の展開が続いたが、終盤地力を発揮した東海大菅生が突き放し、思わぬワンサイドゲームとなった。

    試合

    高岡商は春夏連続の出場で、選抜では盛岡大付属と壮絶な打撃戦の末に延長サヨナラ負け。夏に向けてディフェンス面から鍛えなおした成果もあり、序盤は日大三・早稲田実を倒した東海大菅生相手に互角の展開を見せる。

     

    2回表に東海大菅生が6番佐藤のホームランで1点を先制するが、その裏に高岡商も連続四球から9番谷内のセンター前タイムリーで同点に追いつく。

     

    高岡商の左腕・土合は球速こそ130キロ台ながらも制球力があり、東海大菅生の強打者の懐を果敢に攻める投球が光る。そこには選抜で序盤から打ち込まれた姿はなく、強打者を相手に向かっていく姿が見て取れた。

     

    一方、東海大菅生のエース松本の方が序盤はどちらかというと不調。左肩上がりの投球フォームとなってボールが上ずり、得意球のスプリットが高めに浮くケースが多く、なかなか空振りが取れない。序盤むしろ押していたのは高岡商だったが、勝負所で打ちやすいコース・高さに行かないあたりはさすが好投手と思わせるものだった。

     

    すると、6回表ついに東海大菅生打線が目を覚ます。強打の2番松井が内角高めの速球を高々と打ち上げた打球はセンター・ライトがお見合いする形で右中間にポトリ。3番主将・児玉の犠飛で勝ち越し点をもたらす。

     

    中盤以降土合のボールを右打者が逆らわず打ち返すようになり、7回表に投手・松本がタイムリー。さらに8回表に2番手・山田から主将・児玉がタイムリーを放ち、追加点を挙げる。9回表には菅生打線が山田の速球を鋭いスイングでとらえて大量点。再登板した土合からも5番奥村がホームランを浴びせる猛攻で9回だけで7得点をたたき出して試合を決めた。

     

    エース松本も中盤以降は落ちつきを取り戻し、1失点完投。相手のキーマンの3番島村、4番にはヒットを許さず、危なげない内容で完勝を収めた。

    まとめ

    東海大菅生は投打とも実力を十分発揮しての完勝。特に終盤の長打攻勢はすさまじく、なにか中盤までついていたリミッターが一気に外れたようなそんな猛爆ぶりだった。高岡商の速球派左腕・山田のストレートにも全く振り負けず、打ち返すあたりはさすが西東京でもまれただけのことはあると感じさせられた。大会中盤での登場ながら、優勝争いの有力候補であることを再認識させられた。

     

    一方、高岡商は中盤までよく食らいついていたが、最後はやはり地力の差が出た印象だった。土合もよく投げていたが、中盤以降東海大菅生の強力打線をかわせず、そこに失策も絡んでの大量失点につながってしまった。しかし、今大会唯一の商業高校として出場し、しかも春夏連続の甲子園。公立校苦戦が続く中でまた戻ってきてほしいと思わせるチームだった。