• 2017年選手権2回戦 松商学園vs盛岡大付(8日目第1試合)

    大会8日目第1試合

    盛岡大付

    松商学園

     

    盛岡大付          三浦瑞→平松

    松商学園          青柳→直江

    機動力に自信を持つ松商学園とフルスイングがモットーの盛岡大付。同じ攻撃型チームでも持ち味の違う両校の対戦となった。

    試合

    先手を取ったのは盛岡大付。2回表、牽制で走者が死ぬ嫌な展開の後で2アウトランナーなしから8番臼井が四球、9番三浦瑞がレフト前ヒットでランナー1,3塁。ここで選抜の2番から1番に昇格した林一青柳の外角のボールにうまく合わせてレフト前に運び先制点。松商学園サイドとしてはショックの残る点の取られ方となった。

     

    機動力で揺さぶりたい松商学園の前に立ちはだかったのが盛岡大付属の左腕・三浦瑞。これで3季連続の甲子園となる経験豊富な左腕はランナーを出し、3塁まで進まれてもそこから踏ん張る。ホームを踏ませなければよいといったピッチングで1回戦12得点の松商学園を5回まで無得点に抑え込む。

     

    盛岡大付属は4回表にもヒットで出塁した小林が盗塁と暴投で生還。松商学園のお株を奪う足技を絡めて追加点をもぎ取る。松商学園の青柳は初戦と比べるとボールが高く、調子は今一つのようだった。

     

    松商学園の反撃は6回裏。1回戦4安打と復活した4番主将の藤井三浦のインサイドに入ってくるボールを思い切り引っ張った打球はレフトスタンドへ飛び込むホームラン。追撃の1点をもぎ取る。

     

    しかし、この日は松商・青柳のボールがどうしても高く入り、7回表に1番、2番大里の左打者にともに高めに入ったボールを引っ張られて連続2塁打。4-1と盛岡大付属が取られたあとにすぐに取り返して流れを渡さない。

     

    その後、松商学園も代わった2番手の平松をよく攻めて7,8回と足も絡めた攻撃で追加点を挙げるが、盛岡大付属が取られても取り返す展開。松商学園の2番手・直江(巨人)の外角主体の投球を見切り、平松自らのタイムリーや比嘉のホームランで加点し、結局6-3で盛岡大付属が勝利。2年連続で3回戦進出を決めた。

    まとめ

    盛岡大付としては点差以上の会心の内容。松商学園の自慢の足を序盤機能させず、打線も相手のスキを見逃さない攻め。少し前までの勝負弱い盛岡大付属はもう過去の話で、すっかり強豪校となった戦いぶりで相手を寄せ付けなかった。三浦瑞平松の左右の両輪も安定した内容。次は2004年選抜王者の済美が相手だが、臆することなく望めそうだ。

     

    一方。松商学園としてはなかなか序盤からペースをつかみづらい展開。常にビハインドを背負い、足を絡ませにくかったか。序盤のランナー3塁のチャンスで攻めきれなったのも痛かった。終盤にようやく盗塁を絡めて得点したが、もっと早くその攻撃をしたかったところだろう。ただ、それでも初戦の土浦日大戦の戦いぶりは見事で長野(というより北信越)で唯一夏の優勝経験のある高校が存在感を示した夏だった。