• 2017年選手権2回戦 花咲徳栄vs日本航空石川(8日目第3試合)

    大会8日目第3試合

     

    花咲徳栄

    日本航空石川

     

    花咲徳栄          綱脇→清水

    日本航空石川        佐渡→大橋

    初戦を劇的な逆転劇で勝ち上がった日本航空石川と投打とも完璧な内容で勝利した花咲徳栄。日本航空石川がどこまで食らいつけるかといったところだったが、花咲徳栄がしたたかな攻めで完勝した。

    試合

    日本航空石川の先発は右スリークオーターの佐渡。140キロ台の速球とスライダーを投げ込む本格派で、ボールに威力のある好投手だが、投げ方が左打者にとっては見えやすく、左の多い花咲徳栄打線と対した時にどうかと思われていた。

     

    1回表、佐渡のボールはきっちりと低めを突くが、先頭の太刀岡が四球を選んでノーアウト一塁。盗塁でランナー2塁に進み、2番の千丸もなかなかボール球に手を出さない。際どいボールをカットし、カウント2-3に持ち込んで最後はストライクを取りに来た外角のボールをレフトへ流して、先制点。この間打者二人で投げた球数が14でもちろんノーアウト。佐渡にとってはなんとも嫌な失点の仕方である。

     

    繰り返すことになるが、佐渡の調子は決して悪くはなかった。低めにコーナーにきっちりと制球されたボールが行っているのだが、際どいコースをことごとく見送られてボールになる。これだけ選球されるといかなる好投手でも苦しいというもの。なにか花咲徳栄に無理やり不調ゾーンに引きずり降ろされたようなそんな展開だった。この後、5番須永の投手ゴロエラーで1点。さらに、6番高井が動揺したスキを逃さず、タイムリー2塁打するなど一気呵成の攻めで5得点。結局佐渡は1回だけで55球を投じる結果となった。

     

    初回の5点は大きく、花咲徳栄の綱脇はすいすいと投げ続ける。回転のいい直球とスライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜて、初戦で好左腕・山下を崩した日本航空石川打線を抑え込んでいく。これといったボールはないが、多彩な変化球を織り交ぜて打たせて取ることができ、安定感抜群の好右腕だ。

     

    7回表に1点を追加された日本航空石川だが、その裏に反撃開始。5番尾畑がセンターへはじき返すと、6番兼田もストレートをとらえて、レフト前へ。ショートゴロ失策で満塁となったところで花咲徳栄は2番手の速球派右腕・清水が登板。しかし、勢いの止まらない日本航空石川は8番山上が押し出し四球、1番安保のレフト前2点タイムリーでこの回一挙3得点。初戦の逆転劇をほうふつとさせるような攻撃を見せた。

     

    しかし、その後は清水が140キロ後半の速球と落ちるボールを武器に好投。速球投手の少ない今大会において異彩を放つパワーピッチャーが日本航空石川打線をぴしゃりと抑え、9回の追加点もあって9-3で勝利を収めた。

    まとめ

    花咲徳栄はこの日も先制パンチが効いた。この日は決して調子の悪くなかった日本航空石川・佐渡を抜群の選球眼と巧打で下し、打線のしたたかさが光った試合となった。また、期待の2年生4番野村に一発が飛び出したのも大きいだろう。綱脇清水の左右の両輪も安定しており、楽しみなチーム。3回戦で強力投手陣擁する前橋育英との対戦が楽しみだ。

     

    日本航空石川としては初回の5失点がなんとも痛かった。佐渡はその後、立ち直ってよく投げていたが、精神とスタミナを削られる投球で7回終了時点で球数は140球を超えており、苦しい戦いだったことが窺える。ただ、打線は終盤反撃し、粘りの日本航空石川の意地を見せたのはさすが。初戦で木更津総合を逆転でうっちゃったように持ち味は存分に出た戦いぶりだった。