• 2017年選手権2回戦 青森山田vs彦根東(7日目第3試合)

    大会7日目第3試合

     

    青森山田

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
    0 0 1 4 1 0 0 0 0 6
    0 0 0 0 0 0 0 1 1 2

    彦根東

     

    青森山田    斎藤

    彦根東     原功→松井→増居

    開幕戦をサヨナラ勝ちで制して勢いに乗る彦根東としんがりでの登場ながら投打に実力の高い青森山田の対戦となった。

    試合

    彦根東の先発は左のサイドハンドの原功。春季近畿大会では大阪桐蔭の強力打線を封じるなど、技巧派投手としての良さを持った投手。立ち上がりは緩いボールを使って青森山田打線を封じていく。

    一方、青森山田の先発は背番号10の斎藤。短いテークバックから投げ込む右サイドハンドだが、その中身は本格派。130キロ台後半の力のある速球で打者を詰まらせて、1回戦好調だった彦根東の打者から快音が聞こえない。

    投手戦が続く中でどちらが先に相手投手を攻略するかと思われたが、先んじたのは青森山田。3回にこの試合のキーマンと思われていた1番相坂が2塁打で出塁すると、3番赤平がセンターへはじき返す先制タイムリー。原功の緩いボールをしっかり引き付けて打ち返すようになる。

    4回には原功のボールを完全に攻略。ランナー一人を置いて6番2年生の中沢が変化球を引き付けてたたいた打球はレフトスタンドで弾む2ランホームラン。さらにこの回2番工藤もレフトへのタイムリーを放って追加点。ここで原功をマウンドからおろし、代わった松井からも3番赤平が2打席連続となるセンターへのタイムリーを放って5-0とした。

    青森山田の攻勢はまだまだ続き、5回表には先ほどホームランの2年生中沢松井のストレートをとらえて今度はバックスクリーンへのホームラン。6-0と完全に試合のペースをつかんだ。左のサイドハンドに対して、左打者が右肩を開かずに打ち、代わった右投手にもすぐに対応。青森山田の各打者の技術の高さが集約された攻撃だった。

    青森山田の斎藤の前に沈黙していた彦根東打線だったが、終盤に反撃。8回は3番高村がアウトコースのボールを完璧にとらえたヒットを足掛かりにゲッツー崩れで1点。9回には代打・仲川のホームランで2点目を挙げた。さらに1番原晟も3塁打でつないだが、反撃もそこまで。青森山田が6-2で彦根東を下して、9年ぶりの勝利を手にした。

    まとめ

    青森山田の勝因はやはり先発・斎藤の好投に尽きるだろう。サイドハンドながら重みのあるストレートで打者を詰まらせ、スライダーで打ち取るパターンで初戦サヨナラ勝ちの彦根東の勢いをまず止めて見せた。打線も左の変則左腕に惑わされずに攻略。投打に確かな力を見せて、次戦は西東京王者の東海大菅生に対する。

    一方、彦根東としては中盤の失点が重く、先発・原功がつかまってしまったのが痛かった。青森山田打線の技術を褒めるしかないが、ディフェンス型のチームが背負うハンデとしては重すぎた感は否めない。それでも最後まですさまじい応援に乗って粘りを見せたし、何より春夏通算5度目の出場で初めて勝ち取った甲子園1勝は学校の歴史を塗り替える価値あるものだった。