• 2017年選抜2回戦 福岡大大濠vs滋賀学園(9日目第1試合)

    大会9日目第1試合

     

    滋賀学園

    ×

    福岡大大濠

     

    滋賀学園    光本→宮城→棚原

    福岡大大濠   三浦

    延長引き分け再試合となった両校の対戦。動きを見せたのは、滋賀学園の方だった。上位打線を動かし、1番に3番だった後藤を、3番に5番だった知念を、そして三浦にタイミングのあってなかった真藤を1番から5番に据えた。

    試合

    先制したのは滋賀学園。疲れの見える三浦から先頭の後藤が死球。ランナーを進めると、3番知念のショートゴロはイレギュラーして1点を先制。滋賀学園は前回に続いて初回に先制。しかし、一昨日はあんなに遠かった1点が今日はすんなりと入った。

     

    その裏、滋賀学園は公式戦初先発の光本が登板。山口監督いわくパワーピッチングという光本は躍動感あるフォームからボールを投げるが、一昨日の宮城・棚原に比べると制球が甘い。2番平野が四球を選ぶと、古賀・東の3,4番が連打。満塁から5番の稲本が逆転の2点タイムリー2塁打ですぐに逆転する。大濠としては期待の中軸のお目覚めの連打が何より大きかった。

     

    だが、2回表に滋賀学園は9番中西が高めに浮いた変化球を右中間にはじき返して即同点に。このあたりまではまだ三浦の制球に甘さを感じた。すると、今度は大濠が四球を足場に2番平野がタイムリー。一転して打撃戦の様相を呈した。

     

    しかし、ここから三浦の真骨頂が見られ始める。インコースを見事につくストレートに外角をかすめるスライダー、タイミングを外すカーブによる緩急とさすが今大会完成度No.1と思われる投手。一昨日に延長15回を投げたとは思えない投球を見せる。

     

    5回表に滋賀学園は当たりの出てなかった2番小浜の同点打が飛び出すが、5回裏女房役が仕事を果たす。2番の平野がこの回から登板した宮城の際どいコースをことごとくカット。四球をむしり取ると、3番捕手の古賀が四球後にストライクを取りに来たストレートを強振。打球はレフトスタンドへと消えた。

     

     

    投打の主役が復調した福岡大大濠はその後、滋賀学園に主導権をわたすことなくフィニッシュ。9回にはストレートが140キロ台を記録するなど余力も見せて選抜では初のベスト8進出を決めた。

    まとめ

    滋賀学園としては序盤、一歩前に出た状態で宮城、棚原の両投手に引き渡したかったが、光本は初登板だったため、致し方ないところ。だが、エースの神村が登板できない中、棚原、宮城、光本の3投手で戦えたのは収穫。打線も好投手・三浦に2試合対峙したことで好投手からいかに点を取るかという宿題をもらえた。何より1回戦から合わせて計29イニングを戦えたことが財産だ。まずは昨年なしえなかった春夏連続出場を果たす戦いが始まる。

     

    一方、九州王者の福岡大大濠は苦しみながらもベスト8進出。過酷な日程となったが、戦うたびに強さを増している感じがする。エース三浦は後半打てるボールがほぼないという印象。そして、3番捕手の古賀に飛び出した1発。主力が復調し、いよいよこれからといった感じだろう。今日から4連戦となり、三浦のスタミナは不安視されるが、投攻守すべてにすきがなくなってきた福岡大大濠。絶対的エースを押し立て紫紺の優勝旗を目指す戦いはまだまだ続く。