2017年注目選手

2017年高校野球注目選手一覧

更新日:

2017年高校野球注目選手一覧まとめました。

清宮世代と言われる2017年は豊作の年だと言われています。
どのような選手が注目されているのでしょうか。

選手特徴と動画を各ページにてアップしています☆


あ行の2017年注目選手一覧

植田拓(盛岡大付)

わんこそば打線の核弾頭。昨夏は創志学園・高田(巨人)、
今春は履正社・竹田と屈指の好投手から1発を放つなど、
小柄な体からは想像できないパンチ力を見せる。

岡田悠希(龍谷大平安)

昨年選抜の明徳義塾戦で甲子園のバックスクリーンを軽々と超えるホームランを放ったスラッガー。
当時テレビで見ていた早稲田実の清宮も感嘆するほどのホームランだった。


か行の2017年注目選手一覧

金成麗生(日大三)

193㎝の長身でハーフのイケメンスラッガー。
その実力は折り紙付きでとらえた打球は軽々フェンスオーバーする。

投手としてもマウンドに立って、150キロを記録するまでに成長。
今流行りの2刀流でチームに貢献する。

金久保優斗(東海大市原望洋)

関東No.1右腕との呼び声も高い好投手。
今春の選抜では1回戦で滋賀学園と延長14回の死闘の末力尽きたが、
前半は140キロ後半を記録する速球と切れ味鋭いスライダーの前に相手打線も手が出せない投球を披露した。

2年生ながらチームでも屈指の打力を誇る2年生。

川端健斗(秀岳館)

3季連続甲子園ベスト4のチームを引っ張る左腕。
今春の選抜大会では昨年度より格段に成長した姿を見せ、
角度のある最速148キロの速球で打者をねじ伏せた。

橘内俊治(早稲田実)

昨秋の打率は優に5割を超して、チームの首位打者。
昨秋の東京都大会決勝の日大三高戦や選抜大会など大事な場面での勝負強さが目立った。

清宮幸太郎(早稲田実)

1年夏から全国の注目を集めてきた打者もついに最終学年を迎えた。
今選抜では不本意な成績に終わったが、その後は本塁打を量産。
そのほとんどがライナー性でスタンドに飛び込むあたりで、
スイングスピードの速さは別格。

栗尾勇摩(山梨学院大付)

2年連続の甲子園を狙うチームの右のエース。
1年時にすでに143キロを記録していた逸材はしかし、昨夏の甲子園のマウンドでは2試合で8失点と苦しんだ。

古賀悠斗(福岡大大濠)

強肩強打で九州屈指の右腕・三浦をリードする好捕手。
今年度の高校球界の捕手の中でも指折りの実力者だ。

後藤克基(滋賀学園)

2年連続でチームを選抜に導いた実力者。
今春はエース神村が腰の怪我で出場できない中、棚原ら計3投手をリード。

小園海斗(報徳学園)

ミレニアム世代注目の選手の一人。
1年生からレギュラーの座をつかみ、横浜・藤平(楽天)から練習試合でホームランを放つなど、
小柄な体ながらパンチ力を見せた。

 


さ行の2017年注目選手一覧

櫻井周斗(日大三)

あの清宮から昨秋5三振を奪った屈指の好左腕。
切れ味抜群のスライダーは特に攻略困難なボールで選抜でも履正社・安田から3三振を奪った。
試合終盤のスタミナと時折甘く入るコントロールが治れば、
難攻不落の好左腕なだけに課題を夏までに解消したいところ。

佐野涼弥(浦和学院)

今春の関東大会を制したチームのエース左腕。
関東大会では4試合無失点リリーフで、安定感はチームでも随一だ。
球速は140キロほどだが、キレのある真っすぐを投げる。
変化球でも腕の振りが変わらないところは、小島・江口ら先輩の好左腕と同じ強みだ。

篠原翔太(報徳学園)

4番捕手としてチームを4強進出に導いた立役者。
無理せず右方向へはじき返す打撃で選抜では5割の打率を残した。
捕手としても西垣の140キロ台の速球とフォークボールを巧みに混ぜて、連続完封勝利を挙げた。

清水力斗(星稜)

今年の北信越No.1ともいえる本格派投手。
今春は北信越大会でも優勝を果たし、チームを2年連続の夏へと導けそうな存在だ。

故障で長いこと苦しんでいたが、ストレートの最速は152キロまで上昇。
スタミナが唯一不安だが、今年の星稜は投手層が厚く、心配なさそうだ。

神野太樹(天理)

1年夏から強豪天理のレギュラーをつかんだ実力者。
2年の時を経て、体格は迫力を増し、天理のバレンティンの異名をとるほどの打者になった。
右方向へも飛距離の出るパワーは相手にとっても脅威。安原らとともに県下でも指折りの強力打線を形成する。

鈴木萌斗(作新学院)

作新学院の超攻撃野球を引っ張る核弾頭。

昨年は2年生ながら決勝の舞台で優勝を経験。
新チームからは1番を務め、添田とともに俊足コンビで
バントをつかわず攻める野球を体現して見せた。


な行の2017年注目選手一覧

中村奨成(広陵)

中井監督もうなるほどの2塁への送球にキャッチングの安定感。
守備能力も含めてポテンシャルは先輩の小林(巨人)をはるかにしのぐと言われている。

西浦颯大(明徳義塾)

明徳義塾を引っ張る打って走れる好打者。
昨夏の甲子園の嘉手納戦ではグランドスラムを叩き込むなど、
ヘッドスピードの速さは全国でも屈指。

プロも注目の存在で、名門・明徳義塾の歴代の野手の中でも上位にランクインする実力を持つ。

西川愛也(花咲徳栄)

昨年春夏連続出場を果たしたチームにおいて2年生ながら4番を務めた長距離砲。
樟南の好左腕・浜矢からタイムリーを放つなど活躍を見せた。

 

西巻賢二(仙台育英)

1年夏に甲子園決勝の舞台を踏んだ男もいよいよ最後の夏。
トップバッターとしてチームを引っ張り、ショートでも好守備でチームを救う。
今春はホームランを放つなど、小柄ながらパンチ力も兼ね備えている。

根尾昂(大阪桐蔭)

投手・外野手・内野手と3刀流をこなすスーパースター。
マウンドに立てば、140キロ後半の質の高い真っすぐで打者を圧倒し、ショートのフィールディングも抜群。

野村大樹(早稲田実)

清宮とともに強力打線の中軸を担うスター選手。
右方向へもスタンドインさせる技術は清宮以上で、
打撃の柔らかさは素晴らしいものがある。


は行の2017年注目選手一覧

廣部就平(秀岳館)

昨年春夏の甲子園で1発ずつホームランを放った大砲。
ロングティーを多く取り入れる秀岳館の選手だけあって、打球の飛ばし方を心得ている選手だ。

新チームからは主将としてチームを牽引。
代が変わっても能力の高い選手が揃うチームは今選抜でもベスト4まで勝ち抜いた。

藤原恭大(大阪桐蔭)

大阪桐蔭ミレニアム世代の核弾頭。
選抜では準決勝まであたりが止まっていたが、決勝で履正社・竹田から2本塁打。
走力には定評があったが、長打力もあるところを証明した。

古屋敷匠真(八戸工大一)

今春県大会で150キロを記録したみちのくの剛速球投手。
昨年度から注目を集めていたが、いよいよその実力が開花してきた。
冬場の走り込みで下半身が安定し、球速が落ちなくなった。


ま行の2017年注目選手一覧

正木智也(慶応義塾)

昨夏神奈川大会で大暴れした慶應義塾の主砲。
東海大相模の2連覇を霧散させた男はこの夏こそ全国の舞台をつかみたい。
ツボにはまるとスタンドまでもっていくパワーは素晴らしく、今年の神奈川でも有数の長距離砲だ。

松本竜也(智弁学園)

選抜優勝投手・村上からエース番号を受け継ぎ、
智辯学園を学校初の4季連続出場へ導こうとしているエース。
最速146キロと球速もさることながら、柔らかい投球フォームから繰り出すボールには切れがあり、
打者のバットを詰まらせる。

丸山和郁(前橋育英)

選抜初戦での好投が光った身体能力の高い左腕。
身長は高くないが、左腕から繰り出すストレートは140キロを超し、安定感はチームでもピカ一。

三浦銀二(福岡大大濠)

今年度の高校生投手の中でも最も完成度が高いと思われる好投手。
制球力に絶対の自信を持っており、ベースを広く使ってボールを散らすことができる。
真っすぐの質も非常に高く、回転数が多い。

峯村貴希(木更津総合)

強豪・木更津総合で1年生からレギュラーをつかんだ逸材。
一昨年の神宮大会で大阪桐蔭・高山(日本ハム)から先頭打者本塁打を放ったように長打力を併せ持つ。

宮里豊汰(常総学院)

1年生の秋に横浜・藤平(楽天)から逆転2ランをかっ飛ばした大砲。
深い懐に呼び込んで遠くへ飛ばす力を持っている。春夏の甲子園でも活躍し、夏はチームを8強入りに導いた。

宮本大勢(大体大浪商)

高校野球界の名門に現れた期待のサウスポー。
183㎝の長身から投じる速球を武器に今春は上宮太子や智辯学園と強豪を撃破した。
昨秋は腰に爆弾を抱えた状態で履正社に敗れた。

森圭名(富山第一)

昨夏富山第一の3年ぶりの甲子園出場に貢献した剛腕。
最速146キロを誇る速球と多彩な変化球で今年の富山県では1,2を争う実力の持ち主だ。
打撃でも主砲を務めるなど野球センスのかたまりだ。

森井絃斗(板野)

野球王国・四国に現れた150キロ右腕。
エースで主将でコーチも務めるというチームの大黒柱はこの春大きな成長を見せた、
現在鳴門が5年連続出場となっている徳島県だが、
今年は絶対的な存在ではなく、森井率いる板野高校にもチャンスはありそう。

森田晃介(慶應義塾)

昨夏から名門・慶応を引っ張るエース。
昨秋は神奈川大会優勝にチームを導き、4番正木とともにチームの大黒柱だ。
今春はフォームを崩して苦戦を強いられたが、
140キロ台後半の速球と切れのいい変化球を持っている。

森田輝(上宮太子)

昨秋チームを大阪王者に導いた実力者。
決勝では選抜準優勝の上宮太子を大差で破った。
最速143キロの速球と多彩な変化球を擁し、スタミナも十分。


安田尚憲(履正社)

早稲田実の清宮と並んで西の大砲と評される長距離砲。

高校通算本塁打を先日60本に乗せ、松井秀喜氏に本数で並んだ。
松井氏に似て、打撃フォームがどっしりしており、選抜以降逆方向への打球も増えてきた。

安田大将(東海大福岡)

テンポとコントロールの良さでチームを選抜8強に押し上げた立役者。
近年サイドハンドの投手の数が減っている中で、異彩を放った。

山口翔(熊本工)

最速150キロを記録する九州の速球王。
昨夏は甲子園4強入りの秀岳館を最も苦しめ、選抜にも出場。
しかし、制球難に苦しんで本来の投球はできなかった。春以降フォームを改造し、
試行錯誤のなか徐々に調子を取り戻しつつある。

山下航汰(健大高崎)

選抜大会で2本の満塁ホームランを放った強打の左打者。
走塁が要の健大高崎において山下の打撃は最高のアクセントになっていた。
2年生ながら中学時代にはU-15にも選ばれた実力者で、チーム内でもその実力は一目置かれている。

山下輝(木更津総合)

柔らかなフォームと手首・肘の柔軟性は先輩・早川にも劣らない。
早川と比べて豪快な投球スタイルを見せており、
真っすぐとスライダーを配した力勝負で激戦区・千葉を勝ち抜いていきたい。

山田健太(大阪桐蔭)

選抜大会で抜群の勝負強さを発揮したクラッチヒッター。
藤原・根尾らそのほかの2年生が注目されていた中で、完全に主役をかっさらった。
つくづくこの世代の大阪桐蔭は才能の宝庫だ。

若林将平(履正社)

春夏連続出場を狙うチームの主砲。安田と2人で昨夏からチームを引っ張ってきた。
選抜でも市呉、報徳学園との試合では大事なところでタイムリーを放ち、
敗れはしたものの大阪桐蔭戦では一時同点に追いつく一打を放った。


-2017年注目選手

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.