2017年 予想

2017夏の甲子園予選。福島県の予想まとめ

更新日:

2017夏の甲子園予選。福島県の頂点に輝くのはどこの高校か。
甲子園に参加するのはどこの高校なのでしょうか!

秋優勝…聖光学院

春優勝…聖光学院


福島県の過去5年の甲子園実績

2012年代表…聖光学院   2回戦進出

2013年代表…聖光学院   2回戦進出

2014年代表…聖光学院   ベスト8

2015年代表…聖光学院   初戦敗退

2016年代表…聖光学院   ベスト8


2017年福島県予選の予想・本命まとめ

秋春優勝の聖光学院が今年も優勝候補筆頭。11年連続の夏の甲子園を狙う。
昨夏8強を経験したエース斎藤は真っすぐに加えて変化球の精度も向上。堀田、平野らその他の投手も安定感があり、今年も層は厚い。
昨年は鈴木駿が強打・東邦を抑え込んだように好投手が出現する可能性もある。

打線は1番大平、4番仁平ら強打の選手もいれば、渡辺・松本ら走れる選手もいる。
昨年熱闘甲子園でも取り上げられた小泉・瀬川のいとこ二遊間は攻守でチームのアクセントとなる。
打っても走っても崩せるメンバーが投手陣を援護して、今年も夏の甲子園の舞台に立つ。

 

最も王者・聖光に対抗できそうなのが強力打線を擁する学法石川。春の聖光学院戦では1年生4番の藤原、2年生の7番高木が合わせて3ホームランを放つなどパワーを見せた。MAX148キロを記録するエース尾形を筆頭に投手陣も分厚い。投打にパワフルな戦力を有し、ジャイアントキリングの可能性は十分。1999年の夏以来遠ざかる甲子園の舞台を何とかものにしたい。

 

東日本国際大昌平は縦のスライダーがきれる右腕・新田を中心に志賀や滝口と投手スタッフが豊富。打線の援護次第で十分甲子園が狙える位置にいる。

 

そのほか主砲・園部を中心に春季県大会準Vのいわき光洋、公立校ながら力のある田村光南、打力の高い福島東、名門・日大東北らも打倒・聖光学院に名乗りを挙げる。

 

10年連続甲子園出場の金字塔を打ち立てている聖光学院。甲子園でも4度ベスト8入りと結果を残しており、斎藤監督と横山部長の指導のたまものと言えそうだ。斎内(阪神)などスター選手も見られたが、基本的に泥臭く勝つチームスタイル。聖光学院自体あまり勧誘はしておらず、聖光で野球をやりたい選手が集まってきているのが強さの要因だろう。そして、日大東北など切磋琢磨するライバルがいることも強さを支えている。明徳に高知や高知商が、智辯和歌山に市立和歌山などがいるように連続出場の強さを導き出す一番の要因は県内のライバルの存在だろう。このまま聖光学院時代が続くか、他校がとって変わるかはわからないが、福島の野球のレベルが簡単に落ちることはないと思われる。


2017夏の甲子園予選。都道府県別予想まとめ

2017年の都道府県別予想まとめです。
甲子園の土を踏めるのはどの高校か。

今年も熱い夏がやってきます!


-2017年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.