2017年 予想

2017年夏の甲子園予選。長野県予選の予想まとめ

更新日:

2017夏の甲子園予選。長野県の頂点に輝くのはどこの高校か。
甲子園に参加するのはどこの高校なのでしょうか!

秋優勝…上田西

春優勝…小諸商業


長野県の過去5年の甲子園実績

2012年代表…佐久長聖  初戦敗退

2013年代表…上田西   初戦敗退

2014年代表…佐久長聖  2回戦進出

2015年代表…上田西   2回戦進出

2016年代表…佐久長聖  初戦敗退


2017年長野県予選の予想・本命まとめ

ここ数年代表校を占めてきた常連2校に春季大会優勝の新鋭校を含む3校が優勝争いを引っ張りそうだ。

今週県大会Vの小諸商業が一躍優勝候補に名乗りを挙げた。
エース高橋はがっしりした体型から放たれる威力のある真っすぐを武器にする本格派。
高橋以外にも左腕・柳沢、スラッガー関ら昨夏からのメンバーが多く残っており、経験値が高い。
丸子修学館時代に選抜を部長として経験した竹峰監督のもと、初の甲子園を目指す。

 

2年ぶりの代表を目指す上田西は投手陣は相変わらず強力。MAX145キロのエース工藤に長身右腕の小金沢、球威で押す塚田と3人の本格派を擁する。打線は長打もある1番塚田に荒井・今井の俊足コンビなど上位打線は強力。下位打線の底上げがなされれば、すきのないチームとなりそうだ。

 

2年連続の夏を目指す佐久長聖ももちろん有力候補に入ってくる。昨夏甲子園の開幕戦で投げたエース塩沢が健在。秋春ともに勝ち切ることはできなかったが、チーム内競争で底上げを図っており、夏は侮れない存在だ。今年も甲子園でPL応援曲が聞かれるか。

 

そのほか4番宮尾を中心に打力の高い東海大諏訪、守備力の高さに定評のある東京都市大塩尻や昨秋準Vの長野商業松商学園の伝統校も虎視眈々と頂点を狙う。

 

この5年間の代表校は佐久長聖と上田西が独占。それぞれ1勝を挙げている。チームカラーとしては打撃の佐久長聖と守りの上田西という印象。元PL学園の藤原監督のもと佐久長聖の攻撃野球は長野に新しい風をもたらしている。一方、上田西は2015年の2年生エース草海や2013年の左腕浦野と柳沢ら好投手が多い。野手では2013年のトップバッターの武田のように小柄でも走れる選手が多かった。今年は2強のどちらが出るのか、それとも…


2017夏の甲子園予選。都道府県別予想まとめ

2017年の都道府県別予想まとめです。
甲子園の土を踏めるのはどの高校か。

今年も熱い夏がやってきます!


-2017年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.