2017年 予想

2017年夏の甲子園予選。静岡県予選の予想まとめ

更新日:

2017夏の甲子園予選。静岡県の頂点に輝くのはどこの高校か。
甲子園に参加するのはどこの高校なのでしょうか!

秋優勝…聖隷クリストファー

春優勝…東海大静岡翔洋


静岡県の過去5年の甲子園実績

2012年代表…常葉橘   初戦敗退

2013年代表…常葉菊川  3回戦進出

2014年代表…静岡    初戦敗退

2015年代表…静岡    初戦敗退

2016年代表…常葉菊川  初戦敗退


2017年静岡県予選の予想・本命まとめ

秋春ともに県大会で優勝こそしていないが、やはり優勝争い一番手は選抜出場の静岡になりそうだ。
春はエース左腕池谷を温存。竹内、春の両右腕の成長につなげた。池谷は選抜でも好投したように県内では頭一つ抜けた実力者。
直球一本で大阪桐蔭打線を封じ続けた球の切れは一級品だ。
打線も1番村松、3番大石を中心につながりがある。順当にいけば優勝に一番近い位置にいる。

 

その静岡を春季県大会決勝で破ったのが、東海大静岡翔洋。池谷が投げていなかったとはいえ、エースのいないチームに敗戦せずに済んだのは大きい。うまい投球を見せる左腕・飯沢は相手に的を絞らせない。後ろの投手も計算がたち、ディフェンス面は心配ないだろう。あとは4番奥村を中心とした打線がどれだけ援護できるか。打倒・静岡の成否はこの一点にかかってきそうだ。

 

秋準優勝、春ベスト4と今シーズン安定した成績を残す藤枝明誠も有力候補。春は静岡に敗れるも接戦を演出。技巧派右腕・久保田、1年から注目を集めた3番中田を軸に堅実な野球で初の甲子園を目指す。

 

そのほか初のシード権を手にした磐田東、2年生中心ながら力のある常葉大菊川、常葉橘で指揮をとっていた小林監督が就任した静清、昨秋Vの聖隷クリストファーも頂点の座をうかがう。

 

ここ5年で初戦突破は一度だけという意外な結果に。選抜では静岡のベスト8や今選抜での活躍があったが、夏はあまり勝てていない。内山・堀内(楽天)・安本の中軸を擁した2015年の静岡や遠藤・桑原らを擁した2013年の常葉菊川のように打力の高いチームが多いだけに失点をもう少し抑えられればというところ。今年こそ上位に進みたい。


2017夏の甲子園予選。都道府県別予想まとめ

2017年の都道府県別予想まとめです。
甲子園の土を踏めるのはどの高校か。

今年も熱い夏がやってきます!


-2017年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.