2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。南北海道の予想まとめ

更新日:

2018夏の甲子園予選。南北海道の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…駒大苫小牧

春優勝…札幌第一

札幌第一、駒大苫小牧、北照、北海と群雄割拠の激戦区

現在3連覇中の王者・北海をどこが止めるのか、選抜出場の駒大苫小牧、春優勝の札幌第一、同準優勝の札幌日大に強豪・北照も絡み、先の読めない展開だ。

 

4連覇を狙う北海はエースで4番で主将とチームの大黒柱の井平が命運を握っている。右サイドハンドからストレートとカーブ、スライダーを巧みに投げ分ける技巧派右腕は打たれ強く試合を作れる。打線でも主軸として高い打率を誇り、一昨年の大西に劣らないポテンシャルを誇っている。打線は大物うちこそいないものの選球眼がよく、つながりのある北海らしい打線で井平を援護していく。つないでつないで3番小原、4番井平の勝負強い中軸に回したい。

待ったをかける一番手は春優勝の札幌第一か。昨年の選抜の舞台を経験した4番柴田を中心に全試合2桁安打を記録した強力打線で全道を席巻した。近藤、野島の2人の右腕が中心に投手陣が機能すれば、2012年以来の夏の甲子園も近づいてきそう。選手個々のポテンシャルには毎年定評があるだけに、今年こそ殻を突き破りたいところだ。

選抜出場の駒大苫小牧ももちろん優勝候補の一角。選抜では静岡の前にいいところなく敗れたが、エース大西以外に長身左腕の佐藤や1年生投手も台頭してきており、投手層は格段に厚くなった。打線はもともと昨秋に打ちまくったように力を持っており、舞原・荻田ら長打力のある選手を中心に駒苫のあきらめない野球を貫いていきたい。佐々木監督になって初の夏の甲子園を目指す。

左サイドの好投手・原田を擁する北照も5年ぶりの優勝を目指している。原田は独特の球筋のボールを武器に春季大会で強豪校の打線を翻弄。あまり見たことのないボールに各校は対応に手間取った。特に右打者のインサイドに食い込むボールはなかなか打つのが難しいだろう。打線の援護次第で勝ち上がる可能性を十分秘めている。

その他では、スライダーが武器の左腕・木山を擁して春準優勝の札幌日大、昨秋4強の北海道栄、昨夏のメンバーが多く残る札幌大谷、校名変更後初めての甲子園を狙う東海大札幌らも甲子園への切符を虎視眈々と狙っている。

過去5年の南北海道の甲子園戦績

2013年代表…北照   初戦敗退

2014年代表…東海大四 2回戦進出

2015年代表…北海   初戦敗退

2016年代表…北海   準優勝

2017年代表…北海   初戦敗退

ここ3年間は北海が代表の座を独占。2016年には好投手・大西を擁して準優勝の快進撃を見せ、昨年も初戦で敗れはしたものの強豪・神戸国際大付を追い詰めた。制球力に長けた投手力と抜け目のない攻撃で全国で勝てる野球を実践している。その他の強豪校が今年は北海を止めることができるかそれとも、北海の4連覇となるか。そして、その先に2005年の駒大苫小牧以来となる全国制覇を見据える。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.