2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。岩手県の予想まとめ

更新日:

2018夏の甲子園予選。岩手県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…花巻東

春優勝…花巻東

選抜8強の花巻東が3年ぶりの夏へ視界良好

選抜8強の花巻東が攻守に充実。選抜での大敗のリベンジのためにもまずは甲子園切符をつかみたい。その他の高校が止めることができるか?

花巻東は今選抜では守り勝つ野球で2勝をマーク。技巧派左腕・田中大が初戦の東邦戦で好投し、2回戦の彦根東戦ではロングリリーフとなった伊藤翼がサヨナラ勝ちを呼び込むピッチングを見せた。圧倒的な球威こそないもののコントロールよく試合を作ることができる。あとは速球派右腕・西舘が復活すればなお盤石だ。一方、打線は4番紺野を中心に勝負強くそつなく得点を重ねていく。下位にも阿部、中村ら好打者が並んでおり、穴のない打線だ。春夏連続出場に向けて戦力は整っている。

この優勝候補一番手を追うのが盛岡中央専大北上の2校になりそうだ。

盛岡中央はエース左腕石沢が春季大会で好投。3位決定戦ではあわやノーノーかと思わせるピッチングでチームを東北大会に導いた。打線も一関学院をコールドで退けるなど、好打者・後藤を中心に力強い。1999年夏以来の甲子園をつかみたいところだ。

専大北上は元プロの中尾監督の就任で復活の気配を漂わせてきている。エース碓井をはじめとして多彩な投手陣を持っており、打線も1番斎藤の出塁から中軸が返す得点パターンで勝ち上がった。1997年からの4年間で3度出場し、畠山(ヤクルト)らスター選手を生み出した強豪も全国の舞台は2006年以来遠ざかっている。記念大会で復活を遂げたい。

その他では昨秋3位でタレントの揃う一関学院や昨夏出場で打力には定評のある盛岡大付、剛腕・佐々木を擁する大船渡に同じく好投手の西舘を擁する盛岡三にも注目が集まる。

過去5年の岩手県の甲子園戦績

2013年代表…花巻東   ベスト4

2014年代表…盛岡大付  3回戦進出

2015年代表…花巻東   3回戦進出

2016年代表…盛岡大付  3回戦進出

2017年代表…盛岡大付  ベスト8

5年連続でベスト16以上とすっかり強豪となった岩手代表。花巻東盛岡大付のライバル2校がお互いに高めあいながら切磋琢磨してきたことが大きいだろう。投手力の花巻東、打力の盛岡大付とタイプが異なる両雄の対決は毎年見ものだ。今年もどちらかが甲子園をつかむのか、もしくはその他の高校を意地を見せるのか、注目だ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.