2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。東愛知の予想まとめ

更新日:

2018夏の甲子園予選。東愛知の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋…愛産大三河(準優勝)

春…豊橋中央豊川愛産大三河安城(ベスト8)

豊川、豊橋中央、愛産大三河、桜丘の4校を軸に展開

春の愛知大会では4強に1校も残らなかった東愛知勢。しかし、そのぶん抜きんでたチームはなくどこが勝ち抜くかわからない状況だ。

2014年選抜で4強入りした豊川は春季大会では東邦に善戦。1番藤沢は俊足で出塁率も高い格好のトップバッター。松山・竹内の中軸は長打もあり、得点力は高い。技巧派右腕・竹田と長身右腕・田中の2人がうまく機能すれば夏は初めてとなる甲子園切符をつかむことができそうだ。攻守のそつのない豊川野球を見せたい。

春8強の豊橋中央は5人の投手陣を擁し、ディフェンス力に定評がある。2年生左腕の大竹は真っすぐで押す強気の投球が光り、注目の投手だ。打線は4番高谷を中心に杉田・中西ら経験豊富な面々が揃う。昨夏も4強まで勝ち上がっており、その経験も大きくものを言いそうだ。

昨秋準優勝の愛産大三河はエース松原と強肩の2年生捕手・桜井のバッテリーを軸とした堅守が持ち味。松原はコントロールと切れで勝負する。石川・長谷らが中心の打線は小技を絡めて確実に得点していきたい。夏は1996年以来となる出場を目指す。

桜丘は投攻守走に穴のない戦いができる。本格派の浜田と鈴木教、左腕・小林、アンダーハンドの鈴木悠など多彩な投手陣を主将の小柳が巧みにリードしていく。攻撃は吉野・原と経験豊富な中軸の前にランナーをためて回していきたい。彦坂ら機動力のある面々の働きが重要だ。

その他では、昨夏のメンバーが多く残る安城、創立100周年を迎えた西尾刈谷、10年前の記念大会に出場した古豪・大府、長身左腕・横田を擁する豊田工なども覇権を狙う。

 

過去5年の愛知県の甲子園戦績

2013年代表…愛工大名電  初戦敗退

2014年代表…東邦     2回戦進出

2015年代表…中京大中京  3回戦進出

2016年代表…東邦     3回戦進出

2017年代表…中京大中京  初戦敗退

ここ4年は東邦中京大中京が代表を分け合う展開。上位進出こそないものの東邦藤嶋(中日)や中京大中京上野など好投手を擁して打線も強力なチームが多く、優勝争いに絡む実力を持っていた。今年は西と東に分かれたが、西地区に強豪が集中した。そのぶん東愛知のチームには普段ないチャンスがある。どこが代表の座をつかむだろうか。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.