2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。東東京の予想まとめ

更新日:

2018夏の甲子園予選。東東京の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋…日大豊山(ベスト4)

春…小山台関東一帝京(ベスト8)

関東一が一番手も二松学舎大付属や帝京など有力候補多数

昨年に引き続き東京大会では苦戦が続く東東京勢。どこが抜け出すかは全く読めない展開となっており、関東一・二松学舎大付・帝京の甲子園経験校を中心に激戦となりそうだ。

関東一はプロも注目している4番捕手の石橋が軸だ。1年生時には甲子園で広島新庄の堀(日本ハム)から2安打を記録。伝統的に捕手に好選手を擁する関東一だが、今年も石橋を中心とするチームになっている。走者を塁上にくぎ付けにする強肩と一発のある打撃があり、関東一の浮沈は彼の出来にかかっている。藤本、畠山ら球威のある投手陣をうまくリードできるかも重要だ。

追う一番手は昨夏代表の二松学舎大付。平間・保川・右田・畠山と長打力のある打線は昨年に見劣りしない。フルスイングには定評のある同校だけに今年も迫力満点の攻撃が見られそうだ。あとは海老原―石崎の2年生バッテリーがいかに踏ん張れるか。打線が援護して負担を減らしていきたい。

7年間甲子園から遠ざかっている帝京だが、毎年力のあるチームに仕上げてくる。OBの芝草(日本ハム)コーチが戻ってきて投手陣を整備。エース松沢に加えて左サイドの白石もめどが立ってきた。田中・志田・笹川ら打者陣にもタレントはそろっており、復活出場の可能性は十分ある。王者としてこれ以上ブランクを空けるわけにはいかないだろう。

 

その他では本格派右腕・戸谷を擁する小山台、瀬戸内・原川と左右の好投手を擁する都立の強豪・城東、昨秋4強の日大豊山、個々の能力は非常に高い東海大高輪台、修徳時代に甲子園8強経験のある小田川監督が就任した堀越にも注目だ。

過去5年の東東京の甲子園戦績

2013年代表…修徳     2回戦進出

2014年代表…二松学舎大付 3回戦進出

2015年代表…関東一    ベスト4

2016年代表…関東一    初戦敗退

2017年代表…二松学舎大付 3回戦進出

ここ4年間は関東一二松学舎大付が代表の座を分け合っている東東京。長らく帝京に頭を押さえつけられていた両校がようやく雌伏の時を超えて甲子園で躍動している。ともに選抜では準優勝の経験があるだけにあとほしいのは夏の実績か。この2チームのどちらかが再び栄冠に輝くか、はたまた帝京の逆襲があるか、それともそのほかのチームが出てくるか。激戦の東東京から目が離せない!

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.