2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。沖縄県の予想まとめ

更新日:

2018夏の甲子園予選。沖縄県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…沖縄尚学

春優勝…未来沖縄

未来沖縄、沖縄尚学、興南の3校を軸に展開

群雄割拠の沖縄において創部4年目で春季県大会初優勝を飾った未来沖縄が勢いに乗っている。エースの新垣がけがで離脱した中でショート兼任の宜保が奮闘。春季決勝では興南を完封するなど140キロ台中盤のストレートに頼らず技で抑え込むこともできる投手としての総合力の高さを見せた。打でもチームの中心であり、宮城・山城・神里らと形成する機動力のある打線は強力だ。夏にはけがから復帰しそうな新垣に平良・伊波らも控えており投手スタッフも充実。投打に充実した内容で初の甲子園を目指す。

この新興勢力に待ったをかけるのは甲子園優勝経験のある沖縄尚学・興南の2校になるだろう。

沖縄尚学は昨秋の県大会で優勝。エースの146キロ左腕・知念がけがで苦しんでいるのが心配だが、実力が発揮されれば県内でもトップクラスの左腕だ。また、捕手の池間も骨折から回復してきており、このバッテリーの復調が沖縄尚学の命運を握っている。打線は具志堅・三垣・水谷の上位打線を中心に強力。沖縄尚学らしいスピード感あふれる攻撃に長打力も加わり、相手投手陣に襲い掛かりたい。選抜は2度の優勝経験があるも夏の甲子園はベスト8が最高成績であり、この夏に歴史を塗り替えたいところだ。

その夏の甲子園で唯一優勝経験のある興南も当然優勝争いに絡んでくる。昨年1年生ながらチームを甲子園に導いた左腕・宮城が順調に成長。練習試合では大阪桐蔭相手に好投して自信を深めた。速球派右腕・当山や仲松・藤木らもおり、投手力は非常に高いものがある。昨年から課題と言われていた打力も根路銘・仲村の1,2番コンビを中心に春の沖縄大会ではチーム打率3割5分台を記録。1年生の西山ら新戦力も加わり力を高めてきた。何より我喜屋監督に経験値がチームにとっては大きな戦力。勝ち方を知るチームが今年も代表の座を奪いに行く。

その他では3人の好投手と強力打線を擁する嘉手納、上原・国吉の左右2枚看板を中心に復活をかける秋4強の沖縄水産、守りの野球で活路を見出す中部商、エース左腕の護得久の好投がひかるコザ沖縄工・美里工などの工業高校もなども虎視眈々と代表の座を狙う。

過去5年の沖縄県の甲子園戦績

2013年代表…沖縄尚学 2回戦進出

2014年代表…沖縄尚学 ベスト8

2015年代表…興南   ベスト8

2016年代表…嘉手納  3回戦進出

2017年代表…興南   初戦敗退

昨年は興南が惜しくも初戦で敗れたが、その前までは5年連続で初戦突破と、すっかり全国の強豪県になった沖縄代表。2016年の嘉手納のように小柄ながらパワフルで集中打の出る打線や興南の比屋根や宮城に代表されるような好投手を擁して毎年力のあるチームが代表に名乗りを挙げている。今年も甲子園で琉球旋風を巻き起こせるか!?記念の年に沖縄勢の強さを見せつけたいところだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.