2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。西愛知の予想まとめ

更新日:

2018夏の甲子園予選。西愛知の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…東邦

春優勝…

東海大会優勝の東邦を追う新興勢力や名門校

選抜に出場し、東海大会も制覇した東邦が優勝候補の筆頭。2年ぶりの覇権奪回を目指す強豪を止めるチームは現れるか!?

東邦は選抜でこそ花巻東の前に自慢の強打が鳴りを潜めてしまったが、春季大会では復調。何と言ってもエース扇谷が完全復活を果たしたことが大きい。もともと最速140キロ台後半の速球には威力があり、制球力さえあれば抑えられる投手。低めに投げ込むことができるようになって一気に投球内容が安定した。技巧派右腕・西との2枚看板は強力だ。打線は石川、洞田、熊田らスラッガ陣に加えて北川、梶田らも成長。特に石川の飛距離は目を見張るものがある。順当に力を出し切れれば優勝は間違いなさそうだ。

その東邦を春季県大会決勝で破ったが「打倒・東邦」の一番手か。3番沢野、4番吉田、7番林山と2年生が打率4割以上を記録した打線は東邦と互角に打ち合う力を持つ。投手陣も長身の小栗と白石の2人の左腕を擁しており、小栗は身長を活かした角度がある。あとは夏の大会を勝ち上がった経験がないことが少し不安だが、実力は十分頂点に輝くだけのものを持っている。

愛工大名電中京大中京享栄とかつて私学4強と謳われたその他の強豪ももちろん負けてはいない。

なかでも愛工大名電は投打に充実している。エース右腕秋山と経験豊富な左腕・室田で形成する投手陣は東邦をしのぐものがあり、特に秋山は140キロ台の速球に威力がある。打線も柳本、後藤、西脇と強打者が揃っており、名電らしいつながりのある攻撃が見られそう。今年のチームは秋春とも勝ち切れていないものの、だからこそ不気味な存在になっている。5年ぶりの代表に名乗りを挙げられるか。

2年連続の夏の舞台を目指す中京大中京も侮れない。練習試合であの大阪桐蔭を大差で下したように実力は折り紙付き。沢井・浦野と投打に柱となる選手を擁していてそのほかの選手もポテンシャルは高い。名電と同じく県大会序盤で敗退した分、データも取りづらくやりにくい相手となりそうだ。夏7度全国制覇の経験を持つ名門校が今年も頂点をうかがう。

長らく代表の座から遠ざかっている享栄は名将・柴垣監督が最後の指揮となる。エース沖山は技巧的なピッチングが光り、打線も注目の打者・藤江を擁して力強い。東邦・名電・中京の3校に甲子園の実績では置いて行かれた感もあるが、指揮官最後の年に伝統校の意地を見せたいところだ。

その他では春に県4強入りを果たした西春、好左腕・茶谷を擁する愛産大工、機動力野球の至学館、春16強の愛知愛知啓成も代表争いに名乗りを挙げる。

過去5年の愛知県の甲子園戦績

2013年代表…愛工大名電  初戦敗退

2014年代表…東邦     2回戦進出

2015年代表…中京大中京  3回戦進出

2016年代表…東邦     3回戦進出

2017年代表…中京大中京  初戦敗退

ここ4年は東邦中京大中京が代表を分け合う展開。上位進出こそないものの東邦藤嶋(中日)や中京大中京上野など好投手を擁して打線も強力なチームが多く、優勝争いに絡む実力を持っていた。今年は名古屋地区が西愛知に入ったため、愛知の強豪の多くが集まった激戦区に。勝ち上がったチームは全国でも優勝候補に名を挙げてきそうだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.