2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。西東京の予想まとめ

更新日:

2018夏の甲子園予選。西東京の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…日大三

春優勝…日大三

秋春連覇の日大三を止めるチームは現れるか!?

日大三が秋春連覇を達成しており、今年の東京都内では負けなしの状態。近年ライバル校の前に煮え湯を飲まされてきたが、今年こそ夏の栄冠を勝ち取れるか。あるいは早稲田実をはじめとしたライバル校が止めることができるか。

日大三は選抜でこそ完封負けを喫したものの打線は好調をキープ。選抜でホームランを放った3番日置をはじめとして、4番大塚・5番中村は春季都大会で3戦連発をマーク。関東大会でも佐藤コビィが常総学院戦で一発を放つなど打撃戦をものにして準優勝を果たした。打線の援護を受けて投手陣も成長。中村・井上の2枚看板に加えて左腕・河村と長身右腕・広沢も台頭してきた。分厚さを増した戦力で全国制覇も狙える戦力になってきた。

この日大三を止める第一候補は昨年のメンバーが多く残る早稲田実になるだろう。野村・野田ら昨年からのメンバーに加えて茅野・江本ら2年生も台頭。特に4番捕手を務める野村は一発に加えて右方向への打撃にも定評のあるスラッガーでまともに勝負に行けないレベルの打者になってきた。投手陣は昨夏エースに成長した雪山が健在。捕手経験者だけあってチェンジアップを有効に使った老練なピッチングが光る。日大三に対して相性の良さを誇っており、3年ぶりの夏優勝を狙う。

投手力でこの2校に追随するのが国士館。石井、井田、草薙の3人のサウスポーを擁しており、相手校にとっては脅威だろう。国士館らしい足を使った攻撃も健在。西東京に移ってから他の強豪校にとって脅威の存在となっているもののまだ甲子園出場はない。スキのない野球で2005年以来となる夏の甲子園をつかみたい。

忘れてはいけないのが昨夏代表の東海大菅生。1番ショートの田中幹は全国的に見ても屈指のショート。渡部、中尾に昨夏から4番の片山らの上位陣は昨夏の破壊力に引けを取らないレベルだろう。エース石岡に中尾・中村の左腕を加えた投手陣が力を発揮すれば2年連続の代表も決して夢ではないだろう。

その他では、昨秋準優勝で4番松下などタレントは豊富な佼成学園、エース菊池を中心に前評判の高い創価、注目の4番佐藤を擁する国学院久我山、シード権を獲得した東大和明大中野八王子桜美林なども有力候補だ。

過去5年の西東京の甲子園戦績

2013年代表…日大三   初戦敗退

2014年代表…日大鶴ヶ丘 初戦敗退

2015年代表…早稲田実  ベスト4

2016年代表…八王子   初戦敗退

2017年代表…東海大菅生 ベスト4

上位進出の年と初戦敗退の年が交互に続いている西東京勢。例年レベルの高い戦いが繰り広げられる分だけ、予選での消耗も激しくなっているだろう。昨年は清宮フィーバーで全国の注目を集めたが、今年も各校好選手がそろっている。日大三が5年ぶりの優勝をつかむか、その他のチームが待ったをかけるか、注目だ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.