2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。長崎県の予想まとめ

更新日:

2018夏の甲子園予選。長崎県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…創成館

春優勝…長崎総科大付

選抜8強の創成館を止めるチームは現れるか!?

選抜8強の創成館が実力・経験値ともに抜けていそうだ。昨秋の九州王者を破るチームは出てくるか。

創成館は選抜で実に5人の投手が登板してそれぞれ力を発揮。これだけの投手スタッフは全国を見渡してもそうないだろう。本格派の川原に右サイドの伊藤大和、智辯学園戦で好投した制球力のある酒井らそれぞれに特徴があり、夏のトーナメントを勝ち上がりやすいチームだろう。あとは松山・杉原ら打線が確実に援護できるかどうか。稙田監督の継投のタイミングも重要になってくる。どちらにせよ戦力は長崎県内では図抜けた存在だ。

打倒・創成館の一番手は春季大会優勝の長崎総科大付だろう。エース松尾は右打者の内角を強気に突く投球が光り、技巧派左腕の島とともにマウンドを守る。打線は県大会決勝で8点差をひっくり返すなど爆発力がある。西本、川村、熊ら上位打線を中心に多少の点差は跳ね返す力を持つ。全国大会に進出しているサッカー部に続きたいところだ。

昨夏に続いての代表を狙う波佐見も有力候補。甲子園で彦根東の増居から一発を放った4番内野を中心に今年もパンチ力のある打者が多く並んでいる。投手陣は本格派右腕・山口と右サイドハンドの植松の2人が軸。春季大会では準優勝しており、チーム状態は上向いてきている。

伝統校の海星も侮れない存在だ。NHK杯では創成館を破るなど実力は本物。エース荒木の故障が気がかりだが、永尾・太田ら2年生野手が多く並ぶ打線は活発。同じように2年生野手が多く並んで出場した2014年夏以来の甲子園出場を成し遂げたい。

そのほかではタイプの違う好投手を複数擁する長崎商、平岩・島袋と左右の好投手で勝負をかける長崎日大、島本が投打の軸となる佐世保実、同じくエースで4番と逸材の清田が軸の佐世保南なども優勝争いに絡んできそうだ。

過去5年の長崎県の甲子園戦績

2013年代表…佐世保実業  初戦敗退

2014年代表…海星     初戦敗退

2015年代表…創成館    2回戦進出

2016年代表…長崎商業   初戦敗退

2017年代表…波佐見    初戦敗退

この5年間で1勝と数字上はさみしいものとなっているが、各代表校をさかのぼると決して弱いチームではない。昨夏の波佐見の打力は高いものがあったし、長崎商の小さなエース本田創成館のW左腕など個性的な好投手も多く出ている。力はあるだけに今年こそ全国で結果を残したい。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.