2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。三重県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。三重県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…三重

春優勝…津田学園

V候補筆頭の三重を追う津田学園、菰野

選抜4強の三重が優勝候補の筆頭に挙がる。しかし、津田学園などその他の強豪校も力があり、先の読めない展開だ。

 

三重は選抜で4人の投手が登板したように投手陣の分厚さが武器。縦に割れる変化球に威力がある定本、右サイドからの内外角の揺さぶりに定評がある福田などそれぞれに持ち味が異なるため、相手校は攻略に苦労しそうだ。打線はこちらも選抜で活躍した梶田・浦田・曲といった左打者陣が強力。伸び盛りの2年生・小川らもおり、打力も非常に高い。選抜準決勝で大阪桐蔭をあと一歩まで追いつめた自信を胸に春夏連続の出場へ挑む。

対抗一番手は昨夏代表の津田学園か。スラッガー宮野を中心に上下・仲林など甲子園を経験した面々が並ぶ打線は強力。昨夏甲子園でサヨナラ打を放った宮木など巧打者もわきを固める。一方、投手陣は左腕の河村が軸となるが、2番手以降に課題を残す。河村が持ち味の相手をかわすピッチングで踏ん張りたいところだ。

菰野は速球を武器とする強力投手陣を擁する。エースの田中は最速150キロを記録する剛腕で、2番手の岡林もストレートに力がある。しかし、春季県大会ではいなべ総合に10失点するなどストレートのみでは厳しい側面はある。制球力、変化球の切れが伴えばさらに打ちにくい投手陣となる。田中は打者としても高校通算30ホームランを放っており、梅村・岡林ら強打者が続く。投打とも三重に対抗できる力を秘めている。

秋春と県大会準優勝のいなべ総合も外せない。小柄ながら切れのあるボールを投げるエース石川をはじめ、木戸・小半田の左腕2人も控えており、投手層は厚い。尾崎監督の得意とする継投策で相手の目先をかわしてきそうだ。打線も佐藤や森といったしぶとい打者が並んでおり、得点力は高い。投打にしぶとい野球で2年ぶりの夏の甲子園を目指す。

 

その他では、双子の服部兄弟のバッテリーが軸の津商、つながりのある打線で春季大会で三重を下した松阪商、杉本・前田ら中軸に力のある四日市工、2年生主体の伊賀白鳳などにも注目だ。

過去5年の三重県の甲子園戦績

2013年代表…三重      初戦敗退

2014年代表…三重      準優勝

2015年代表…津商業     2回戦進出

2016年代表…いなべ総合   3回戦進出

2017年代表…津田学園    2回戦進出

 

2014年の三重の準優勝以来、4年連続で初戦突破と上昇気流にある三重県勢。すべて違う代表校が出ての勝利というところにも地力が高まってきたところを感じさせる。智辯和歌山を相手に見事な逆転勝利を飾った津商業や名将・尾崎監督のもと2勝をマークしたいなべ総合など公立校も非常に元気。今年も三重県勢の活躍が楽しみだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.