2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。京都府の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。京都府の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…乙訓

春優勝…乙訓

春夏連続出場狙う乙訓に龍谷大平安、立命館宇治らが立ちはだかる

左右の好投手を擁する乙訓が優勝候補筆頭だが、常連校の龍谷大平安立命館宇治なども黙ってはいないだろう。

 

乙訓は昨秋・今春と京都大会を連破。富山・川畑の左右両エースを擁する投手力は他の追随を許さない。特に右の川畑は選抜でも見せたように質の高いストレートを投げ込み、本調子ならばそう簡単には打たれないだろう。あとは打線がどれだけ援護できるかであり、1番大上、4番宮田ら好打者が揃っているだけに先手を取って投手陣を楽にしたいところだ。春に中軸を打った茨木、大西らの活躍もカギを握る。

甲子園通算100勝に王手をかけている龍谷大平安は今年も要注意の存在。昨夏の京都大会を経験した小寺と島田のダブルエースはともに140キロ越えの真っすぐを持つ本格派だ。打線は主砲の松田が高校通算ホームラン50本を超えるなど絶好調だが、その他の打者がどれだけ打てるかで投手陣の負担が変わってくる。夏の戦いを知り尽くしているだけに今年も平安の存在は他校にとって脅威となる。

身長189㎝と長身から投げ下ろす右腕・西成を擁する立命館宇治も有力候補。角度のある速球を武器に、コントロールもよく打ち崩すのは容易ではない。左腕の森井も控えており、投手力には自信を持つ。打線は俊足の1番中村、巧打の3番井上らが軸。選手として鳥羽時代に選抜4強の経験を持つ里井監督の采配にも注目だ。

 

その他では、4番捕手の大杉が引っ張る東山、2年生主体ながら力のあるメンバーが揃う京都翔英、本格派右腕・荒木を擁する宮津、昨夏代表の京都成章に、福知山成美・京都外大西なども常連校もチャンスをうかがう。

過去5年の京都府の甲子園戦績

2013年代表…福知山成美   初戦敗退

2014年代表…龍谷大平安   初戦敗退

2015年代表…鳥羽      3回戦進出

2016年代表…京都翔英    初戦敗退

2017年代表…京都成章    初戦敗退

2015年の鳥羽以外は初戦敗退と苦戦している京都勢。選抜では龍谷大平安が2014年の優勝、2016年のベスト4と勝ち星を挙げているだけに意外な結果に見える。昨夏の京都成章・北山など好投手を擁しての出場は多いだけに打線の援護次第では上位進出も可能だろう。古都の代表の進撃に期待したい。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.