2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。佐賀県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。佐賀県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…佐賀学園

春優勝…東明館

佐賀学園、東明館、伊万里を中心に本命不在の大混戦

秋優勝の佐賀学園、春優勝の東明館、選抜出場の伊万里を中心に5,6校が好捕にあがる混戦の佐賀大会。どこが勝つか読めない状況だ。

 

昨秋優勝の佐賀学園は春は優勝した東明館に打ち負けたものの、打力には自信を持つ。棚町や小池、松尾ら上位に昨夏からの経験者を並べており、多彩な攻撃を見せる。エース山下と2年生の永渕でつなぐ投手陣がしっかり踏ん張ることができれば優勝の可能性は十分。NHK杯では準優勝しており、チーム状態は再び上がってきている。

春優勝の東明館は初めての甲子園に向けてチャンス到来。九州大会でも優勝した九州国際大付と接戦を演じており、自信をつけた。右サイドハンドの一ノ瀬から長身右腕の川口につなぐ継投が確立されており、打線も強打の2番寺崎を中心に攻撃的な野球を見せる。怪我で戦線離脱したエース木谷が戻ってくればより盤石となる。

21世紀枠で選抜出場を果たした伊万里は春季九州大会で東筑紫学園にコールド勝ちし、明豊にも善戦。エース山口が打たせて取る投球にますます磨きがかかり、打線も梶山・犬塚・古賀ら勝負強い打者が並ぶ。選抜で大阪桐蔭という全国トップのチームとの戦いを体感したことで、よりチームのレベルがアップした感がある。春夏連続の出場に期待がかかる。

龍谷は秋春ともに早期敗退したが、こういう時に限って不気味になるのが夏の高校野球。大関・杉山ら強打の面々が並ぶ攻撃力は迫力があり、投手陣も本格派右腕・松尾が君臨。144キロの速球にスライダー・カーブ・チェンジアップと多彩な変化球を混ぜる投球は本調子ならばかなり打ちづらいだろう。左横手の原口、右横手の田中と技巧派投手も控えており、チーム力はトップクラスだ。

伝統校・佐賀商も当然優勝争いに絡んでくる。下級生時から経験豊富な速球派右腕・木村がエースとしてチームを引っ張り、左腕・吉末や右サイドの田中らタイプの違う好投手が揃っている。打線は山崎・原田らこちらも下級生の時から起用された面々に加え、下級生の済木・小柳もポテンシャルは高い。1994年の全国制覇時も下級生の活躍が光っており、彼らの活躍にも期待がかかる。

 

その他では2007年の全国制覇時のエース久保が監督として戻ってきた佐賀北や昨夏の佐賀大会準優勝のメンバーが残る鳥栖、伊藤―土井のバッテリーを軸に守りの野球で勝負する唐津商業、昨夏チームを優勝に導いた安西が引っ張る早稲田佐賀なども優勝争いに絡んできそうだ。

過去5年の佐賀県の甲子園戦績

2013年代表…有田工    2回戦進出

2014年代表…佐賀北    初戦敗退

2015年代表…龍谷     初戦敗退

2016年代表…唐津商業   初戦敗退

2017年代表…早稲田佐賀  初戦敗退

ここ4年連続で初戦敗退と苦戦の続く佐賀県勢。毎年ディフェンス力は高く、2016年の唐津商業の変則フォームのエース谷口や2015年の龍谷の小柄な左腕・池田など個性的な好投手を輩出している。1994年の佐賀商や2007年の佐賀北のように突如として勝ち上がる印象の強い佐賀県だけに今年もがばい旋風に期待したいところだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.