2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。北埼玉の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。北埼玉の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…花咲徳栄

春…花咲徳栄(準優勝)

強力打線で連覇狙う花咲徳栄を春日部共栄などの強豪私学が追う

4年連続の甲子園出場と夏の甲子園連覇を目指す花咲徳栄が優勝候補筆頭。春日部共栄などがどこまで迫れるか。

 

昨夏埼玉県勢として悲願の全国制覇を達成した花咲徳栄は、今年も打線は強力。昨夏の甲子園で2本のホームランをかっ飛ばした4番野村は天性の長打力を持っており、まともに勝負に行くと痛い目に合う。そのほかにも3番韮沢、5番羽佐田、6番倉持ら強打者が並んでおり、打力では昨年に引けを取らない。投手陣はエース中田、2年生右腕の岩崎ら人数は豊富だが、絶対的な柱がいないのが現状。昨年のように試合を通じて成長していけるかどうかが重要になってくる。

この絶対王者を追う一番手は強豪・春日部共栄か。エース内藤、左腕・渡部、大木と左右の3枚エースを擁する投手陣は強力。大木は浦和学院相手に好投を見せて自信をつけた。得点力が課題だが、高橋・田中ら好打者は複数おり、つながりが出てくれば一気に畳みかける力を持つ。記念の年に4年ぶりの代表をつかみ取りたい。

シード権を獲得した上尾栄北も有力。上尾は木村、寺山ら4人の投手を擁するディフェンス力がに自信を持っており、栄北は技巧派左腕・高木を中心に投攻守に穴がない。ともに簡単には負けない好チームだ。

 

その他では、2年生ながら好左腕の米山を擁する昌平、春季大会で春日部共栄を撃破している春日部東、10年前の記念大会に出場した本庄一、2015年に決勝まで勝ち進んだ白岡、投打にポテンシャルの高い選手が揃う叡明などにも注目が集まる。

過去5年の埼玉県の甲子園戦績

2013年代表…浦和学院   初戦敗退

2014年代表…春日部共栄  2回戦進出

2015年代表…花咲徳栄   ベスト8

2016年代表…花咲徳栄   3回戦進出

2017年代表…花咲徳栄   優勝

昨夏悲願の初優勝を果たした埼玉県勢。花咲徳栄が3年連続で出場し、過去2年は優勝校の前に敗れていたなかで、昨夏は見事に栄冠をつかみ取った。今年は南北に分かれるために強豪私学以外にも出場のチャンスが巡ってきそう。埼玉勢の甲子園連覇なるか注目だ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.