2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。北大阪の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。北大阪の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…大阪桐蔭

春優勝…大阪桐蔭

V候補大本命の大阪桐蔭を止めるチームは現れるか!?

大阪府内はおろか全国的にみても断トツの優勝候補の大阪桐蔭。この大本命を履正社をはじめとするライバル校たちが止めることができるかに注目が集まる。

 

大阪桐蔭は選抜優勝後も春季大阪大会、近畿大会と負けなしで制覇。大阪大会の寝屋川戦での苦戦などもあったが、最後に勝ち切るあたりはさすが横綱であった。新たなメンバーも試しながらの戦いであったが、やはり中心になるのは昨春から3季連続で甲子園の舞台を経験している面々。根尾・柿木・横川の他校がうらやむような3本柱を根尾・藤原・中川・山田ら実力・経験ともに豊富な野手陣が支える布陣はちょっとやそっとでは崩せそうにない。

練習試合では2日間連続のダブルヘッダーで2日目に連敗を喫し、西谷監督から「使えるメンバーはいない」と酷評されたものの、6月の体力的な追い込み期間だったことも考えると致し方ない面もあるだろう。それでもこれだけ自分たちに厳しくなれるのはやはり昨夏の仙台育英戦の怖さを全員が身をもって知っているからだろう。何より練習試合の連敗で騒がれるようなチームは全国を見渡しても大阪桐蔭ぐらいだろう。心身ともにスキを見せることなく2度目の春夏連覇へと向かう。

 

この巨大戦力に立ち向かえるチームはどこになるか。やはり筆頭候補は昨年の選抜決勝で戦った履正社になりそうだ。

昨秋は近畿大会の初戦で智辯和歌山に12-8と打ち負けたとはいえ、昨年の選抜を経験しているメンバーがずらりと揃う打線は破壊力がある。筒井、西山の1,2番から始まり浜内・白滝・松原と続く上位打線は大阪桐蔭と比べても見劣りはしない。春の大阪大会では興国に完封負けを喫したとはいえ、夏は同じ轍は踏まないだろう。あとは清水・位田の左右の両輪がどこまで試合を作れるか。打倒大阪桐蔭のカギはその1点にかかっていそうだ。

2年前の夏に大阪桐蔭を下した関大北陽も侮れない存在だ。左腕・久保と長身右腕・北口で編成する投手陣は安定して試合を作り、打線も1番宮内から3番山下・4番赤松とつながる上位陣は得点力が高い。2年前は大阪桐蔭の各打者に徹底してフライを打たせて、ポジショニングの罠にはめるしたたかさを見せる試合巧者であり、全盛期のPL学園が最も対戦を嫌がったチームでもある。この夏もアップセットを起こす可能性は十分ある。

寝屋川は今春の大阪大会で大阪桐蔭を敗退寸前まで追い込んで一躍注目の存在となった。エースの藤原は緩いボールを効果的に使って打たせて取るピッチングを展開。強打者ぞろいの大阪桐蔭打線としては一番いやなタイプの投手だ。打線も終盤のチャンスに集中打が飛び出すなど勝負強さを秘める。今年の大阪の夏をかき回す存在となるか。

昨夏の大阪大会を強打で沸かせた大冠は今年も強力打線を擁する。大物うちこそいないものの、逆方向へ鋭くはじき返す打者が揃っており、打ち合いには自信を持つ。何より昨夏の大阪大会で決勝まで勝ち残った経験がチームに与える影響は大きく、今年も大阪桐蔭を苦しめる存在になりたいところだ。

 

その他では、今春から校名を変更した上原の母校・東海大大阪仰星、今春ベスト8入りを果たした吹田、長身右腕・羽田野を擁する汎愛、元プロの田上監督率いる大産大付なども注目だ。

過去5年の大阪府の甲子園戦績

2013年代表…大阪桐蔭    3回戦進出

2014年代表…大阪桐蔭    優勝

2015年代表…大阪偕成学園  2回戦進出

2016年代表…履正社     3回戦進出

2017年代表…大阪桐蔭    3回戦進出

ハイレベルな大阪の戦いを勝ち抜いた代表校だけあって全国の舞台でも結果を残している。大阪桐蔭履正社の2強がレベルを引き上げており、この全国屈指の強豪校を倒すために各校が対策を練り上げていく過程がそれぞれのチーム力を高めている。ここ2年は一昨年の履正社、昨年の大阪桐蔭と3回戦で不本意な負け方をしているだけに100回記念大会の今年こそ優勝をつかみ取りたいところだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.