2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。北神奈川の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。北神奈川の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…東海大相模

春…桐光学園(準優勝)

東海大相模、慶應義塾、桐光学園の私学強豪のつばぜり合いに

記念大会により南北に分かれた神奈川大会だが、強豪がより多く集まったのは北神奈川の方だろう。選抜出場の東海大相模・慶応義塾桐光学園が絡む三つ巴の争いになりそうだ。

 

選抜で4強入りを果たした東海大相模は準決勝で智辯和歌山にまさかの逆転負けを喫した悔しさを夏に晴らしたいところだろう。エース斎藤と技巧派左腕・野口で形成する投手陣は失点が計算でき、小松・山田・森下を中心とする攻撃力も積極的な走塁も合わせて驚異的だ。1年生の加藤など新戦力も加わっており、さらに層の厚いチームに変貌しつつある。新チーム結成時から打倒大阪桐蔭を掲げてきたチームとしては予選で消えるわけにはいかないだろう。

エンジョイベースボールで10年前以来の春夏連続出場を狙う慶應義塾は選抜のマウンドを踏んだエース左腕・生井が健在。もう一人の左腕・渡部とともに打たせて取る投球でリズムを作る。一方、選抜で3得点に抑えられた打線だが、主砲の下山を中心に下位の善波など力のある選手はそろっている。控え選手からも新たな戦力が出てきており、夏は違った打線がみられるかもしれない。10年前の夏は決勝で大田泰示(日本ハム)擁する東海大相模を決勝で破っており、その再現と行きたいところだ。

この2校に割って入るのが強豪・桐光学園。春季大会では2校を撃破しており、実力的には遜色ない。松井裕樹2世と言われる2年生左腕・富田と速球派右腕・谷村を擁する投手陣は強力。打線も楠本・天野など長打も巧打もできる面々が揃っている。下級生中心の若いチームだが、勢いは上記の2校を上回るものがある。松井裕樹を擁したあの夏以来の甲子園を狙える位置にいる。

 

その他にも強豪ひしめく神奈川には候補校がゴロゴロしている。打線につながりのある横浜商大、片桐新監督が就任した桐蔭学園、多彩な投手陣を擁する法政二、中島・北野と好投手を擁する日大、公立の強豪校の白山・橘なども虎視眈々と頂点をうかがう。

過去5年の神奈川県の甲子園戦績

2013年代表…横浜     3回戦進出

2014年代表…東海大相模  初戦敗退

2015年代表…東海大相模  優勝

2016年代表…横浜     2回戦進出

2017年代表…横浜     初戦敗退

過去5年の代表は横浜東海大相模が独占。2015年には東海大相模が優勝を飾っているが、その他の年はベスト8まで行っていないのは少し意外な印象だ。しかし、対戦相手を振り返れば、2013年の前橋育英・高橋光(西武)、2014年の盛岡大付・松本(ソフトバンク)、2016年の履正社・寺島(ヤクルト)、2017年の秀岳館のW左腕の川端・田浦(ソフトバンク)とすべてのちにプロ入りする好投手とぶつかっており、致し方ない面もあるだろう。

今年は南北の代表にわかれるため、強豪にとっては出場のチャンス。10年前の横浜慶應のように2校とも上位に勝ち進む可能性も十分ありそうだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.