2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。北福岡の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。北福岡の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…東筑

春優勝…小倉

春季九州王者の九国、3季連続を狙う東筑、伝統校・小倉の3強が軸の争い

春の九州大会を制した九州国際大付を筆頭に春季福岡大会の4強を独占した北福岡勢。昨夏代表の東筑も含めてハイレベルな攻防が繰り広げられそうだ。

 

九州国際大付は春季福岡大会は4位ながらも九州大会では見事な優勝を飾った。2年生エースの下村は速球に力があり、2番手の下村は独特のテークバックから切れのあるボールを繰り出す。タイプの異なる2投手がそれぞれ持ち味を発揮した。打線は毎年力があり、今年も例外ではない。3番甲斐、4番戸高を中心に脇を固める打者陣も中村・安永らが巧打を放つ。春に多くの経験を経たことでチームか加速度的に成長を遂げている。

対抗一番手は3季連続の出場を目指す東筑か。このチームは今福岡県内で最も経験値が高い。エース石田は昨夏・今春と甲子園のマウンドを経験しており、済美・聖光学院と全国レベルの強力打線を相手に奮闘した。敗れはしたものの、強打者との対戦の蓄積は必ず最後の夏に生きてくるはずだ。横手から内外角を突く投球に磨きをかけたい。2番手右腕の林も成長してきており、あとは和久田・江藤らの中軸が仕事をすれば3季連続の甲子園が見えてくる。

かつて夏の甲子園連覇を達成した伝統校・小倉はエースで4番の河浦の存在が大きい。投げては最速145キロの速球で相手をねじ伏せ、打っても主軸を担う。河浦だけでなく太田、黒田といった技巧派右腕やナックルボールが武器の左腕・山縣もおり、決して河浦のワンマンチームではない。100回大会に夏連覇の経験校が戻ってきたら、エポックメーキングな出場となる。

 

この3強を脅かすチームとしては山上・須本ら打線に破壊力のある八幡、左サイドハンドのエース小堤が引っ張る東筑紫学園、大型左腕・鬼塚のいる北筑、豊富な投手陣で勝負する自由が丘、かつて柳川を何度も甲子園に導いた末次監督が指揮する真颯館、昨春選抜8強の経験者の残る東海大福岡、プロ注目の打者・松井が引っ張る折尾愛真などが上がってきそうだ。

過去5年の北福岡の甲子園戦績

2013年代表…自由が丘    初戦敗退

2014年代表…九州国際大付  初戦敗退

2015年代表…九州国際大付  ベスト8

2016年代表…九州国際大付  初戦敗退

2017年代表…東筑      初戦敗退

2014年から3年連続で代表の座をつかんだ九州国際大付が激戦の福岡で頭一つ抜きんでた感のあるここ数年の福岡県。元プロの楠城監督がフライボール革命の理論を持ち込んだことによって全国レベルの強打のチームに仕上がった。一方、昨夏の東筑のように公立校のレベルも高いのが福岡県の特徴。今年はどこのチームが代表の座をつかみ取るのか。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.