2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。南埼玉の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。南埼玉の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋…市川越(準優勝)

春優勝…浦和学院

5年ぶりの代表狙う浦和学院が頭一つ抜きんでる

投打に充実した戦力を誇る浦和学院が優勝候補筆頭。市立川越山村学園などが追う。

 

浦和学院は意外にも夏の甲子園から4年遠ざかっているが、今年はライバル花咲徳栄と南北で分かれたこともあって出場の大チャンスだ。左の佐野、右の渡邉とともにプロ注目の両投手を擁しており、投手陣は盤石。そのほかにも近野、永島ら控えに好投手がおり、層の厚さはさすが浦学だ。打線も強打者・蛭間を筆頭に中前、矢野の1,2番やスイングの速い上野など役者がそろっている。投攻守に穴のない戦力で順当にいけば甲子園切符をつかみそうなチームだ。

巨大戦力を擁する浦和学院に立ち向かうチームはどこになるか。

一番手は太賀・和田と左右の好投手を擁する市立川越だろう。昨秋に浦和学院を完封している和田は得意意識があり、長身から投げ下ろす太賀のボールには威力がある。守備もセンターラインを中心に強固で羽田、高橋らの上位打線が確実に得点を刻めば、打倒浦和学院も決して夢ではなくなりそうだ。

最速146キロを誇る剛腕・米倉を擁する埼玉栄も見逃せない。ダルビッシュなどを育てた名将・若生監督に英才教育を施され、無理のない投球フォームから伸びのあるボールを投げ込む。攻撃も海崎・鈴木ら前年からのメンバーが多く残っており、経験豊富。スラッガー大島(西武)を擁して出場した20年前以来の夏の甲子園に向けてチャンス到来といえそうだ。

昨夏から3季連続で4強入りを果たしている山村学園は2年生エース和田が埼玉栄、浦和学院を相手に好投するなど技巧派投手らしいピッチングを展開。そのほか左下手の大木や右の橋本など複数の技巧派投手を擁しており、味のある投手陣となっている。打線も木内や長谷川ら中軸に長打力のある打者が揃っており、強豪と伍する力を十分に秘めている。

 

その他では、長打力のある打者が並ぶふじみ野、投打にポテンシャルの高い坂本を擁する聖望学園、春季大会で花咲徳栄に善戦した川越東、春季大会で8強入りしている山村国際・狭山ヶ丘などにも注目だ。

過去5年の埼玉県の甲子園戦績

2013年代表…浦和学院   初戦敗退

2014年代表…春日部共栄  2回戦進出

2015年代表…花咲徳栄   ベスト8

2016年代表…花咲徳栄   3回戦進出

2017年代表…花咲徳栄   優勝

昨夏悲願の初優勝を果たした埼玉県勢。花咲徳栄が3年連続で出場し、過去2年は優勝校の前に敗れていたなかで、昨夏は見事に栄冠をつかみ取った。一方、もう一つの雄・浦和学院はそのあおりを食った形で代表から4年遠ざかっている。今年は南北に分かれるために、久々の出場成るか注目だ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.