2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。南大阪の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。南大阪の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋…興国、近大付(ベスト4)

春…大体大浪商(ベスト4)

久々の出場成るかの大体大浪商に、好左腕擁する近大付や強打の大阪偕成学園も有力

南北代表に分かれたために大阪桐蔭履正社という強豪との対戦を避けられた南大阪。古豪の大体大浪商や好左腕・大石を擁する近大付など多くのチームにチャンスがありそうだ。

 

大体大浪商は今春の大阪府大会でベスト4に進出。エースの立石は140キロを超える速球にスライダー、チェンジアップを交えて打ち取る本格派だ。左腕の江畑も春季大会で計算を積めており、連戦にも対応できる。打線も1番白野、2番中野がかき回して主砲・吉田が返すパターンが確立。投打に役者がそろってきており、近年あと一歩で逃している甲子園まで手が届く位置にきている。牛島―香川を擁した1979年以来の夏の甲子園出場を成し遂げたい。

好左腕・大石を擁する近大付も有力候補。大石はU-15の世界大会に選ばれた逸材。質の高いストレートを武器に力勝負のできる本格派だ。昨秋は大阪大会、近畿大会と2度大阪桐蔭に敗れたが、強打者との対戦経験を糧に成長してきた。主砲・高倉、巧打者の道正らを中心とした打線にも力があり、先制点を取ってエースを楽に投げさせたいところ。前回の記念大会である90回大会でも出場しており、今回もチャンスをつかみたいところだ。

春は不祥事のため出場できなかった大阪偕成学園は不気味な存在。松山・辻野ら下級生時から経験を積んできた選手が多く、夏本番に向けて着々と準備を整えつつある。投手陣がどこまで仕上がっているかが課題だが、打力は文句なしでトップレベル。大阪桐蔭を倒して甲子園をつかんだ2015年以来の甲子園出場成るか。「やんちゃ軍団」の活躍が期待される。

大商大堺興国といった上位をにぎわす強豪校も注目。

大商大堺はエースで4番の田中がチームの中心。左腕からストライク先行のピッチングでリズムを作り、打ってはチャンスに強い打撃で3番杉村とともに打線を引っ張る。こちらもあと一歩で逃し続けている甲子園をつかみたい。

興国は昨夏はベスト4まで勝ちあがって大阪桐蔭を苦しめ、今春は履正社に完封勝ち。強豪にも気後れしないメンタリティを持つ。履正社を完封したエース中田、4番の西嶋と投打の軸がしっかりしており、試合内容が軟呈している。全国制覇から50年たつ記念の年に出場を成し遂げたい。

 

その他では、下手投げの好投手・木元を擁する初芝立命館、迷いのないフルスイングが武器の大塚、上位打線に昨夏からの経験者が残る東大阪大柏原、今春大阪桐蔭に善戦した柏原東などにもチャンスがありそうだ。

過去5年の大阪府の甲子園戦績

2013年代表…大阪桐蔭    3回戦進出

2014年代表…大阪桐蔭    優勝

2015年代表…大阪偕成学園  2回戦進出

2016年代表…履正社     3回戦進出

2017年代表…大阪桐蔭    3回戦進出

ハイレベルな大阪の戦いを勝ち抜いた代表校だけあって全国の舞台でも結果を残している。大阪桐蔭履正社の2強が注目されがちだが、その他にも大阪偕成学園や2011年の東大阪大柏原など個性豊かなチームが代表の座を射止めている。南大阪地区はこの2強との対戦を避けられただけに久々の出場のチャンス到来だ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.